本来の声を取り戻すために最も効果的な方法とは?声を出す前に肩甲骨をはがす!

 Shared Img Thumb OMG151018430I9A1847 TP V

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

声・身体・心は三位一体。

“本来の機能”をそれぞれが発揮できるように支え合っている。

これがアマートムジカの声に対する考え方です。

 

以前、身体の緊張が心の緊張を招くことをお伝えしました。

身体と心は深く繋がっています。

 

そして、声と身体ももちろん深く繋がっているのです。

 

今回いらっしゃったHさんは

この、声と身体のつながりが鍵となっている方でした。

 

最初は弱々しい声だったHさんでしたが

身体がほぐれた途端、

本来持っている声を出せるようになったのです。

身体は楽器

461438

私たちの身体は、声を出すための楽器のようなものです。

 

ちゃんと音が出るか確かめもせずに

いきなり本番で演奏する奏者はいませんし、

楽器の調子が悪いときはメンテナンスをする必要があります。

 

同じように、身体が本来の声を出す為には

常にメンテナンスが必要になるのです。

 

身体に疲れが溜まっている、緊張して固くなっている状態は、

いわば、

太鼓の革が緩んでいる

リコーダーの管が詰まっている

ようなものです。まともに音が出るわけがないんですね。

 

だからこそアマートムジカでは

一番最初に身体を緩めることから行っています。

 

「発声練習じゃないんだ」

と意外に思われる方がいらっしゃるのですが、

それだけ身体の状態は大事なんです。

 

(アマートムジカ独自のボイス&メンタルトレーニングについて、詳しくはこちら

 

徹底的にメンテナンス!!

5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

Hさんはとても快活な方でした。

よく笑い、私の話にも積極的に反応し、

ボイストレーニングも楽しそうに実践してくださいます。

 

でも最初は、なぜか声が上手く出ませんでした。

出てくる息の量が細く短く、

弱々しい声になっていました。

 

息をするタイミングもばっちり、笑顔で口は縦に開いていて、

でもうまく呼吸ができません。

 

もしかしてと思い、

今肩が凝っていないかを尋ねたところ、

「最近ちょっと疲れが溜まってるかな」

とのお答えでした。

 

そこで、ボイトレの前のメンテナンスとして

肩甲骨周りの筋肉をほぐす

アマートムジカ独自のメソッド

「肩甲骨はがし」を行いました。

 

※「肩甲骨はがし」は「丹田呼吸法」のレッスンで行っています

↓↓↓

どんな状態かな? と肩の筋肉を触ってみたところ、

見事にカッチカチでございました。

 

肩甲骨周りが緊張していると、

肺が空気を吸って膨らもうとするのを邪魔してしまいます。

 

じっくり時間をかけてほぐして、

その後再び声を出していただいたら

 

「あーーーー」

 

即座に大きな声が出るようになり、

「でた~♪」

と驚いていらっしゃいました。

 

肩甲骨周りの筋肉が緩んで

肺が動きやすくなり

息の量が増え、音量が上がったのです。

 

こうなったらとことん、と思い

その後背中や腰も徹底的にほぐします。

 

「あ~そこそこ♪」

「きもちいい~~♪」

 

15分後、起き上がったHさんから出てきたのは

 

「あ~すっきりした!!」

 

という、芯のある大きな声でした。

 

声・身体・心、全部大事

3dabb7f52c6bafc1bfb7ace4543efa8f_s

それまでHさんは

「自分の身体がこんなに凝っているなんて知らなった」

そうです。

気づかないうちに疲れが溜まって身体が凝り、

声が出にくくなっていたのですね。

 

レッスン終了後の、

「発声と身体の関係を知ることができました」

という言葉に並々ならぬ実感がこもっていました。

 

気持ちよく声を出すために。

心を穏やかに保っておくために。

 

身体との繋がりを意識して、

こまめに労わってあげていきたいですね。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。