「声がこもる」「声が通らない」をメンタル面から解消するための方法とは?

 Shared Img Thumb TSUCH160130170I9A6656 TP V

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

ボイストレーニングのレッスンに来られる方を大きく分けると、

「どんな声になるか楽しみ!」
というワクワクされている方と、

「うまく声が出るかなぁ……」
というドキドキが先立つ方とがいらっしゃいます。

今回、受講頂いたYさんは前者の「ワクワク」の方でした。

ワクワクできると変化が早い!!

bsANJ16040350IMG_0846

Yさんはとてもやる気と素直さにあふれた人でした。

変われるかどうかを不安に思うのでなく、

「どんなふうに変われるかワクワクしてレッスンに来ました!」
とのこと。

Yさんの主な声の悩みは、「声がこもること」でした。

※声がこもるお悩みの方は以下の記事もおすすめです

↓↓↓

【声がこもる・通らない】6つの原因と対策】

 

「気持ちよく声が出せるようになりたい!」
「音程が正確に出せるようになりたい!」

そんな想いを持っていたYさんでしたが、

レッスン受講後には、課題を克服され、

「声・身体・心・呼吸すべてが変わった!」

とおっしゃっていました。

私が思うに、Yさんがみるみる変化していかれた一番の理由は、
「ワクワクしてレッスンを受講されていたから」だと思います。

 

小さな変化を前向きに受け入れ、喜ぶと成長が早い!

-shared-img-thumb-PASONAZ160306060I9A1905_TP_V

「あ、今身体が緩んでいる!」
「あ、今、声が出しやすい!」

一つ一つは小さな変化ですが、積もり積もれば大きな自信になります。

「私、できてる♪」

変化を実感し、それを素直に受け入れること。

これらを積み重ねていくことにより、
「私、変化してる!もっと、さらに、できるようになりたい♪」
とさらなる向上につながるわけです。

すべてが上手くいくわけではありません。
レッスン前半では、声が出辛い状態のこともよくあります。

しかし、そんなときは、出ないことに凹む必要はありません。
自分の状態をありのままに受け止め、改善すればいいんです。

 

「できなかったこと」が「できるようになる」ワクワクに変わるとき

-shared-img-thumb-IRIS16011956-2_TP_V

例えばYさんの場合、
「このやり方で合っているかなぁ?」
と考えながら声を出す癖があり、その結果、息が細くなって声がこもっていました。

そのような時は、私と目線を合わせ、私に向かって声を出すようにしてもらいました。

すると息がまっすぐ出るようになり、声も通るようになりました。

Yさんも思った以上の変化に「楽ですね~♪」と驚かれていました。

自分の変化を素直に受け入れられること。
これはYさんの最高の才能です。より早く自分を向上させることができる大きな力です。

「私はYさんのようにはできない……」
「ついつい悩んじゃうんだよなぁ……」

そんな悩みを持つあなた。その時は我々講師の出番です。

「声が出ない。駄目だなぁ……」

「あの時声が出なかったからこそ、今の自分は声が出ていることがわかる!」
に導いていきます。

できなかったことが、振り返ると自信になっている。

想像してみてください。
「できなかったこと」が「できるようになる」瞬間。

それって、ワクワクしませんか?

レッスンにいらっしゃることを決めた方。
声の悩みを解消した自分の姿、そんなイメージを思い浮かべながら、
レッスンを受講してみてはいかがでしょうか?

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。