【「声がうわずる」「声が緊張で震える」その原因と対策は?「浮き足立つ」身体を変える方法】

698032

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

「声・身体・心」は三位一体。

 

声を出す上で、身体と心は切っても切り離せない関係にあります。

↓↓↓

三位一体に関してはこちら【私たちの考え方】

http://amatomusica.com/musicaway

 

声から受ける印象は、

そのまま、その人の「心の状態」として受け止められます。

 

透き通るような明るい歌声を聞けば、

その人が、歌うことを楽しんでいることがわかります。

 

逆にうわずった、震えるような声で歌っている人はどうでしょうか?

「ああ、この人相当緊張してるなぁ」

と、必死で余裕がないことが

すぐにわかってしまいます。

 

そうなると、自分自身はおろか、聞いている人も、

歌を楽しむ気分になれなくなってしまいますね。

 

「そうは言っても、緊張してしまうのはどうにもならない」

「頑張れば頑張るほど、余計声が震える」

 

そんなあなたに向けて、今回は、

声が安定して出るようになるための

身体からのアプローチ法をお伝えします。

 

ポイントは「足」です。

 

 

声と心、心と身体の繋がり。声がうわずる、声が震える原因

465408

心が不安や緊張を感じていれば、

それがそのままうわずった声となって、表に現れます。

 

しかし、

「緊張しないように頑張らなきゃ!!」

と、気を張ってしまうと、逆にプレッシャーになり、

緊張も不安も高まるばかりです。

 

そこで注目すべきは、三位一体のもう一つの繋がり

「心と身体」です。

身体もまた、心と深く繋がっています。

 

身体の状態がよくないと、それに心が引っ張られるのです。

身体が不安定な状態だと、心も自然と不安定さを感じ、

出る声も不安定なうわずった声になります。

 

特に、地面に触れて、身体全体を支える役目を持つ

「足」の状態は、身体の安定感に重要な関わりがあります。

 

踵(かかと)が浮き上がってつま先立ちになっていることを

「浮き足」と言い、転じて、

不安や恐れを感じて落ち着かないさまを

「浮き足立つ」と表現します。

 

不安を感じながら声を出して上ずる人は、

自分でも気づかぬうちに浮き足立った身体になっているのです。

 

 

「浮き足立つ」身体を「地に足がついた」身体にする方法とは?

45cab26b51a6621e10c423c07370c499_s

ここまで読んだあなたは、立った姿勢を確認して、

「ちゃんと両足とも地面についてるけど?」

と思うかもしれません。

 

そこで、今からお伝えするのが、

足をほぐして、「地に足をつけた」感覚を取り戻す

「足グリグリもみほぐし」法です。

 

5秒ほどあればできてしまうお手軽体操なので

ぜひやってみてください。

 

 

~「足グリグリもみほぐし」の方法~

 

1.ほぐす場所を確かめる。

足の薬指と小指の間の付け根から、

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

1cm踵側へ進んだ足の甲の部分をほぐす。

 

2.左足を前にして立膝をつき、

1の場所を

握りこぶしを作って中指を盛り上げた状態にして

中指の第二関節で押してほぐす

この時、腕は曲げず、重心を中指にかけると腕が疲れない。

 

3.握りこぶしをつくり、足の甲全体を

つま先から踵に向かってなぞるようにマッサージする

 

まずはここまでを片足だけ行い、その後

立ち上がって、足の裏の感覚を比べてみましょう。

IMG_0995

もみほぐした左足のほうが、

足全体が緩んで緊張がほぐれ、

地面と接する面積が広くなったのを感じられるでしょう。

 

まさに「地に足がついた」感覚です。

 

普段気を張っていると、身体が緊張し、

知らず知らずのうちに

足も浮き上がって不安定になっているのです。

 

左右差を感じた後は、右側もほぐして、

両足が安定して体を支えられることを体感してみましょう。

その安心感が、心の、そして声の安定に繋がります。

 

 

意外なほどに身体で変わる!

pose_genki04_woman

声が上ずる、震えることに対しては、

「緊張するなんて駄目だなぁ」「自分の心が弱いせいだ」

と、頑張る人ほど自分を責めがちです。

 

声のお悩みを抱えて来られる生徒さんにも、

頑張り屋さんはたくさんいらっしゃいました。

 

そんな生徒さん達に、一番最初に

「足グリグリもみほぐし」をお伝えしています。

 

みなさん、足の感覚が変わるのを感じると、

自然と顔がほころびます。

ここから、リラックスする感覚を

手に入れ始めるのです。

 

この「足グリグリもみほぐし」は

歌う前のちょっとした合間でできます。

 

「地に足がついた」状態を前もって準備して、

楽しく歌うための足掛かりにしていきましょう!

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です