あなたはどのタイプ? 3つの「ブス声」傾向と対策!②

726076

こんにちは

ボイス&メンタルトレーニングスクール

アマートムジカ校長の司拓也です。

 

さて、前回は美声・ハンサム声になるための

『ブス声チェックリスト』

 

%8

『人前であがらず話せる「1分声トレ」』(司拓也著 世界文化社)参照

https://www.amazon.co.jp/dp/4418166017

 

をご紹介しました。

試していただいた結果はいかがでしたか?

 

%8

 

今回はその結果にそった傾向と対策をお伝えします。

 

1.Aタイプ 息を使わずに話す『ボソボソ覇気なしブス声』

 

<傾向>

 

・声が小さい

・声がこもる

・よく聞き返される

・鼻声

・呼吸が浅い

 

傾向にあります。

 

<対策>

 

喉を開くことが先決です。

喉を開く感覚がつかめるのが「あくび」です。

573710

大きなあくびをしてみて、喉の奥に冷たい空気を感じられたら

それが喉が開いている感覚です。

そこから発声につなげていくことが大切です。

 

2.Bタイプ 息を止めて話す『ガチガチ緊張ブス声』

 

<傾向>

 

・声が上ずる

・ノドに息苦しさを感じる

・ノドが痛くなりやすい

・人前で緊張しやすい

・頭が真っ白になる

 

 

<対策>

 

吸った息を止めたまま声を出している恐れがあります。

びっくりNGイラスト

吸った息は止めずにそのまま流すことが大切です。

 

 

3.Cタイプ 息を強く吐いて話す『カリカリ威圧系ブス声』

 

<傾向>

 

・怒ったような声の印象

・パワハラを疑われる

・ノドがすぐ痛くなる

・滑舌が悪い

・クレームを受けやすい

 

<対策>

 

吐く息のスピードコントロールができていません。

 

スピードに緩急が付けられるように、

息の量とスピードを調節しましょう。

 

無題

 

次回はこれらの解決策として、

具体的なメソッドをご紹介していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

メルマカバナー

司 拓也

アマートムジカ 東京本校/大阪校 校長
話す声 チーフトレーナー

声だけでなくメンタルから体の不調までを整える、オリジナルの「声トレ整体」を通じて、あがり症、話し方の悩みを解消するメソッドを確立。1回のレッスンで解決するその手法は、受講者から「司マジック」「ボイトレ界のブラックジャック」ともよばれ、レッスン・企業研修後のアンケート調査では改善率・満足度ともに99%を超える。

今まで、一般のビジネスパーソンから、アナウンサー、政治家、教師など、3,000人以上を指導。企業研修、教育期間での講演のほか、著者としても活躍。テレビや新聞でも取り上げられる。「声の教育」が学校教育・企業教育で普及し、コミュニケーションやメンタルで悩む人が自信をもって生きられるよう、日々奔走する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です