【初公開!カラオケ前にやるだけで高音が出るようになる、たった一つのボイストレーニング方法】

B3162eaf5f5f836f88e8dab28df350ed S

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

皆さんが、練習した歌を披露する一番の場所は、

やっぱりカラオケですよね。

 

「こんな歌も歌えるんだぞ!」と驚かせたい

「あいつ結構歌うまいじゃん!」と思われたい

 

などなど、人それぞれ思うことはあると思います。

 

そんな中、

「でも、あの歌手の歌、キーが高くて難関なんだよなぁ……」

「できれば事前に練習しておきたいけど、そんな暇も場所もないし」

 

とお悩みの方のために、今回は

これ一つだけで、声が響きやすくなり、高音も難なく出せる、

画期的な方法をお伝えします。

 

その名も、「ムーお辞儀法」です!!

 

 

たったこれだけ!? でも効果は抜群!!

ムーお辞儀

実はこのメソッドは、セリーヌディオンやホイットニーヒューストンなどのヴォーカル指導を行っている、ハリウッドのボイストレーニング・コーチ直伝の技です。

 

アマートムジカ代表の堀澤麻衣子がハリウッドでヴォーカルトレーニングを受けた際に習ったとっておきのボイストレーニング方法です!

 

それがこの「ムーお辞儀法」。秘伝の技を伝授します。

 

早速やってみましょう。

 

1.立って、びっくりスローモーションをしながら

「ムー」と声に出す

 

2.「ムー」の声を伸ばしながら

90度お辞儀をするように腰を折り曲げる

 

3.上体を起こし、まっすぐ立った姿勢に戻る

 

以上です。

 

「え!?それだけ?」

 

そうなんです。

やるのはたったこれだけです。

ものすごく簡単な方法ですね。

簡単なのに、声の響きは抜群に良くなります。

 

ムーお辞儀法を終えたら改めて声を出してみましょう。

普段と同じやり方で声を出しているのに、

響きは格段に良くなっているのがわかるかと思います。

 

お辞儀をして頭が前に倒れると、

声が頭蓋骨の上部に向かいます。

そのまま上体を起こすことで

声が頭蓋骨全体に響いたまま歌うことができます。

 

声が響きやすくなるので、

力を込めてのどを締めずに高い声が出せるようになります。

 

 

 

うまくいかない時の3つのチェックポイント

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_l

いまいちしっくりこない、という方は

次の3つについてチェックしてみましょう。

 

1.びっくりスローモーションを入れているか?

他の発声法でも触れている通り、

声を出す前にびっくりスローモーションの呼吸を入れること

これは必須です。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

のどが開いていなければ声は上手く出ません。

 

※びっくりスローモーションについてはこちら

↓↓↓

【歌が上手くなる方法とは?アマートムジカオリジナル「びっくりスローモーション」】

 

2.舌の位置が下の前歯の裏側についているか?

舌が浮いていたり、上顎についていると、

息の流れを邪魔してしまい、声がこもって聞こえます。

舌の先が、下の前歯の裏側にチョン、とつくようにして

息がまっすぐ出るようにしましょう。

 

3.「う」の口の形になっているか?

「ムー」という時には、口の形を少し前に突き出して

「う」の母音の口の形を作って声を出します。

口の突き出しが足りないと、

口の中の空間が狭く、声が共鳴しづらくなります

 

 

2分の準備でカラオケがもっと楽しく!

IRIS16011956-2_TP_V

「ムーお辞儀法」は本当に簡単です。

例えばカラオケなら

ちょっと席を外して2分もかからずにできる方法です。

 

ずっとファンだったアーティストのあの曲も、

余裕で楽しく歌えるようになります。

家族と、友達と、仲間とのカラオケが

もっと楽しく気分のいい時間に変わっていくでしょう。

 

ぜひ活用して、

十八番の歌をどんどん増やしていってくださいね!!

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

This Post Has 2 Comments

    1. Duck Dollさん
      コメントをいただきありがとうございます。
      さて、以下のとおりご回答申し上げます。

      1.web上でのアドバイスコメントについて

      あいにくweb上でのコメントは行っておりません。

      のどの安全の確保、姿勢の癖や呼吸の仕方など、
      実際に見させていただいた上で、対面レッスンにおいて、
      総合的なコメントやアドバイスをさせていただいています。
      あしからずご了承くださいませ。

      2.レッスンをご希望の場合

      動画を拝見しました。
      もし今のお声で苦しく感じるのであれば、レッスンでもっと楽に出していただくことはできると思います。
      レッスン詳細をご希望ということでしたら、下記URLよりお申し込みくださいませ。

      詳細のご案内をお送りさせていただきます。
      ↓↓↓
      http://amatomusica.com/lesson/spot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です