【自分からはよく見えない、でも誰しも持ってる、それが癖】

植木さん写真

 

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

突然ですが、皆さんは自分の癖ってすぐに思いつきますか?

 

私は、緊張すると髪の毛をいじる癖があります。

でもこれ、人に言われるまで全く癖だと思いませんでした。

 

普段意識しないけれど、誰もが何かしらの癖を持っています。

それは、歌い方にも潜んでいるのです。

 

 

ボイストレーニングで気づいた、「癖」

402827

今回の生徒さんであるUさんは、普段全く歌わない方です。
ところが、今度人前で歌を披露することになり、

一日修得ボイトレを受講して練習することになりました。

Uさんは少しでもうまく歌いたいと考え、

テキストで予め予習をされていました。

その甲斐あって、ボイストレーニングはテンポよく進みます。

そうしていくうちに

予習の段階ではわからなかった、とある「癖」に気づきます。

 

Uさんの持っている、

 

「歌い方の癖」

 

これが、うまく歌うために解消すべき重要な鍵だったのです。

 

 

自分って、案外見えない

 

tantei_girl

「なくて七癖」ということわざがあります。

多かれ少なかれ、人は何かしら癖を持っているということわざです。

 

「そんなにあるかなぁ?」と思うかもしれませんが、

自分の癖は中々見えません。

むしろその人を外から見ている他者のほうが、癖はよく見えています。
そして歌い方にも癖は現れます。

 

口の大きさが小さい、

肩に力が入っている、

吐く息がぼそぼそ出ている……

などなどですね。

 

自分の中で、難しい、出しづらいと思う音域ほど癖が出やすくなります。

「ちゃんと声が出ているか」を考えるうちに、身体に力が入り、

癖になっている動きが強く出てしまうんですね。

 

 

一つ変わると大違い

 

Uさんの最も特徴的な癖は、

「顎が前に出ること」

でした。

 

高い音域ほど顎が上がりそうになります。

 

以前テレビで歌手が歌っている時に、顎をあげて歌っているのを見て

同じように練習していたそうです。

それがいつの間にやら身体に定着していたのですね。

 

顎が上がると、自然とノドに力が入り、声質もぼやけてきます。

そこで、顎を一旦引いて、姿勢を正してからまた歌っていただきました。

 

すると、ぼやけていた声がクリアに響くようになり、

音程もピアノに合わせてぴったりに出せるようになりました。
「これがポイントだったんですね!」

 

 

狙った音を身体が出せるようになり、

Uさんの表情がどんどん明るくなっていきました。

 

以後、自分の顎が上がっている時、歌いながら気づけるようになりました。

声が出辛いなと感じたら、自分でチェックして矯正できるようになったのです。

 

「本当にそこまで変わるの……?」と思われるかもしれません。

 

論より証拠。録音して比べてみてください。

 

顎が上がるに連れて、

音程が下がってきて、声質がぼやけていくのがわかるかと思います。

 

※そもそも顎が動かない……という方は、こちらもどうぞ

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

↓↓↓

【声がかすれる人にも有効! 声帯の負担を取り除く1日「40秒」でできる2つの方法!】

 

歌う自分を振り返る

464547

「いつも特定の箇所の音がうまく出ないんだよなぁ・・・」

「毎回歌ってて苦しいポイントがある・・・」

 

こう思いながら歌い続けるのはしんどいですよね。

 

そんな時は、まず一度自分の歌う姿を振り返って、

「癖」がないか探してみてはいかがでしょうか?

 

今は携帯で簡単に録画をすることができます。

自分の姿を外から見てみて、

口の大きさ、

顎の位置、

肩や足に余計な力が入っていないか、

チェックしてみましょう。

 

癖に気づいたら、鏡を見ながら、姿勢を直しつつ練習していきましょう。
自分を取るのが恥ずかしい、どうしても癖が見えない、という場合は、

レッスンで講師が皆さんの癖をチェックできます。

 

ボイストレーニングの中で、

どんな癖があるかだけでなく、

その癖を取るための身体の動かし方や、

わかりやすい矯正方法をお伝えできます。

 

長い間ず~~っと、

「歌えなくさせる癖」

に悩まれてきた方も多いと思います。

 

グルグルと出口のない迷路のような状況で悩んでいる方、

ぜひ勇気を出してレッスンを受けに来てみて下されば、

私たちがそのお悩みを解消しますよ!

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。