【声がかすれる人にも有効!声帯の負担を取り除く1日「40秒」でできる2つの方法!】

2b9ad6f6d4a9522e64958b84b80723a6 S

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

以前、舌の緊張によりのどが締まって、

声が出辛くなっていた生徒さんのお話をしました。

↓↓↓

【喉(のど)が痛い!を解消する方法とは?鍵は「声帯と舌の関係」!】

http://blog.amatomusica.com/archives/575

 

この緊張が原因で、のどがしまることにより、

「声がかすれる」「のどが痛い」などの声のトラブルにつながってしまいます。

 

舌の緊張は、声帯にダイレクトに伝わります。

 

従って、舌の位置を少し前に出すよう意識するだけでも、

緊張が解け、声の出しやすさが変わっていきます。

 

舌の状態は鏡で顔を見ればチェックできるので、

他の身体の部分より、直すのは簡単だと思います。

 

しかしながら、

「口がうまく開かなくて、舌が見づらい」

「口をあけると、舌が緊張してしまう」

 

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この症状が起きている方は、

もう一つ大きな原因があります。

 

口をあけたとき、指2本分入りますか?

87d121336452ea7d62f596bddc7aaaba_s

前回、舌の硬さをチェックするために、

「口を縦に大きく開けて、

舌の状態がどうなっているか」

 

について確認しました。

 

この時、

「口が十分にひらかない。指2本分ほどの広さも口をあけられない」

もしくは、

「口をあけようとしても、アゴが痛くて無理」

また、

「口を開こうと頑張った。すると、舌がプルプル震えた」

 

など、いろいろな症状が出たかもしれません。

 

例えば、

「口を開けようとしても、アゴが痛くて無理」

というような場合、原因は、ずばり、

「ほお骨の周りの筋肉が緊張しているから」

という点にあります。

 

ほお骨の周りの筋肉が緊張したまま口をひらこうとすると、

アゴの周りに余計な緊張や負担がかかります。

 

その結果、負担や緊張が舌や声帯にも伝わってしまい、

のどを痛める原因となります。

 

「口が開かないのが、ほお骨の周りの筋肉の緊張が原因」

これはなかなか自分では発見できない原因かもしれませんね。

 

声帯の負担を取り除く! お手軽体操!

 

では、原因がわかったところで、

どのように解決していけばよいでしょうか?

 

声帯が緊張せず、負担なく歌うための

「アゴのもみほぐし体操」

「舌のららら体操」

の2つのボイストレーニング体操をお伝えしていきます。

 

 

《 アゴのもみほぐし体操 》

IMG_0167

1.頬骨の下に親指を下から押し当てます

2.親指の位置はそのままで

掌が上になるように手を返します

3.親指以外の4本の指で後頭部を抱えます。

4.指が滑らないよう固定しつつ両肘を真ん中に寄せていきます

親指が頬骨の下に入り込んでいるか確認してください。

5.そのままゆっくりと「あいうえお」と言います。

「あ」と「え」の音で口を縦に開いてください。

 

ほお骨の周りが凝っている人ほど、

親指が入り込んでいる辺りが痛いと感じます。

最初は無理をせず、できる範囲でやってください。

 

アゴが緩んで口が開くようになったら、

次に舌を緩ませる体操もやってみましょう。

 

《 舌のららら体操 》

IMG_0168

1.口を縦に開きます。

大きさは指が2本縦に入るくらいにします。

2.舌の先を上の前歯の裏側の付け根につけます

3.舌の先を下の前歯の裏側の付け根に向かって

「ぱたん」と落とします。

この時に「ら・ら・ら」と言いながらやりましょう

 

最初は3秒に1回程度の速さでOKです。

鏡を見ながら、一回ごとに舌が落ちきっているのを確認します。

速さよりも丁寧さを重視してやりましょう。

 

頑張る人に、一日40秒の声帯ケア

biyou_kesyousui

今まで150人以上の生徒さんのレッスンをしてきましたが、

アゴや舌が緊張している癖は

「長年歌を歌っている人」

に多く見られました。

 

人一倍努力して頑張っている分、つい力んでしまい

一度癖がついてしまうと、より強く刷り込まれてしまうのですね。

 

この「アゴのもみほぐし体操」「舌のららら体操」の2つの方法を、

一回40秒ほどで実施、継続していくことにより、

一週間経つころにはアゴや舌の余計な力が抜けて緩んだ状態に戻ります。

すると、緊張していた部分も動かしやすくなっていきます。

 

その状態で声を出すと、

口を大きくひらくことができるようになり、

結果、のどを締めることがなく

今までと違う歌い方ができるようになっていくのではないかと思います。

 

トレーニングというよりも、

「日頃頑張っている舌やアゴを“ケアしてあげる”」

という感覚で、

マッサージのつもりでやってましょう!

 

自分の歌声の変化に驚くかもしれませんよ。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です