新着記事

【肚を据えて毎日を生きるために 丹田呼吸法まとめ】

【肚を据えて毎日を生きるために 丹田呼吸法まとめ】

  こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ <歌コース>トレーナーのキャサリンです。   声を改善するためには、 ただがむしゃらに発声練習をしていればいいわけではありません。 声と同時…

記事を読む

【発声練習ではうまくいくのに、カラオケだと音痴になる理由は?】

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ <歌コース>トレーナーのキャサリンです。     歌の練習成果を周囲に披露するのに、一番身近な場所は、やはりカラオケです。 友達と学校帰りに。イ…

記事を読む
【地声を高くする方法 まとめ】

【地声を高くする方法 まとめ】

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ <歌コース>トレーナーのキャサリンです。   ボイストレーニングをする生徒さんが目指すゴールの中で、 一番多いのは、 「高い声を出せるようになりたい」です…

記事を読む
【声帯を鍛える5秒筋トレで強い声になる】

【声帯を鍛える5秒筋トレで強い声になる】

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ <歌コース>トレーナーのキャサリンです。   のどや声帯に負担を掛けることなく、通る声で歌えるようにするためには、 身体の余計な力をかけず、リラックスした…

記事を読む
【音域を広げる方法まとめ 低音も高音もラクラク出せるコツ】   

【音域を広げる方法まとめ 低音も高音もラクラク出せるコツ】  

  こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ <歌コース>トレーナーのキャサリンです。   ボイストレーナーになって、様々な生徒さんのお悩みを訊いてきたのですが、 その中でも特に多いお悩…

記事を読む

執筆者(講師)のご紹介

司拓也アマートムジカ東京本校・大阪校 校長
話す声コース チーフトレーナー

司 拓也

声だけでなくメンタルから体の不調までを整える、オリジナルの「声トレ整体」を通じて、あがり症、話し方の悩みを解消するメソッドを確立。1回のレッスンで解決するその手法は、受講者から「司マジック」「ボイトレ界のブラックジャック」ともよばれ、レッスン・企業研修後のアンケート調査では改善率・満足度ともに99%を超える。

今まで、一般のビジネスパーソンから、アナウンサー、政治家、教師など、3,000人以上を指導。企業研修、教育期間での講演のほか、著者としても活躍。テレビや新聞でも取り上げられる。「声の教育」が学校教育・企業教育で普及し、コミュニケーションやメンタルで悩む人が自信をもって生きられるよう、日々奔走する。

詳細プロフィール(アマートムジカのHPへ飛びます)

司拓也の最新記事

水上恭子アマートムジカ東京本校 歌コース・代表講師
水上恭子

幼少時より音楽や歌うことが大好きで、イベントやサークル・合唱団への参加などを通して歌を学ぶ。より気持ちよく、自由に声を出せる堀澤式の発声法と、堀澤麻衣子先生の「人間の本来持っている力を引き出す」指導法を受け継ぎ、ボイストレーナーとなる。歌コースの1日修得レッスンを担当。自身も作曲・作詞を手掛けアーティストとして活動している。

詳細プロフィール(アマートムジカのHPへ飛びます)

水上恭子の最新記事

岡野麻沙子アマートムジカ東京本校 歌コース・専任講師
岡野麻紗子(ニックネーム:キャサリン)

講師歴4年、述べ150名以上のレッスン指導経験あり

子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指すが、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。

そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

詳細プロフィール(アマートムジカのHPへ飛びます)

キャサリンの最新記事

suzuka_shinoharaアマートムジカ東京本校 専任講師
篠原すずか(ニックネーム:アンジー)

体調不良で悩んでいたのですが、丹田呼吸法に出会い体調不良が改善した経験から、呼吸法に興味を持ちました。そんな中、丹田呼吸法を使ったボイストレーニングを行っている「アマートムジカ」が目に留まりました。

レッスンを受けて、声が出るようになると気持ちが前向きになり「もっと表現して生きたい!」という気持ちが出てきたことに気付きました。声を出すと心と身体が健康になっていきます。自分と同じような悩みをもっている人を救いたい!もっと声を使って表現することを楽しんでほしい!と思い講師になることを決めました。

アンジーの最新記事