【私がアマートムジカのボイストレーナーになろうと思った理由】

Amatomusica 0114(web)

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

などという風に名乗って、今でこそ講師として活動している私ですが、

20代までは全くコミュニケーションの取れない、

はっきり言って挙動不審な人間でした。

 

「何でコミュニケーションを取れなかったか?」

 

それは、

自分が放つ「声・言葉・感情」が一致していないからでした。

 

 

会話したくても敬遠される、その理由

question_head_boy

学生の頃のクラスメートとの会話

 

「昨日の月9、あり得ないでしょ~あれ♪」

「あ~、昨日夜更かしして眠いわぁ」

 

ありふれた会話。

 

普通ならば、和気あいあいとした会話になりそうですが、

当時の私はこの会話を、

 

「昨日の月9、あり得ないでしょ~あれ!(ひきつった笑顔)

「あ~、昨日夜更かしして眠いわぁ(不機嫌な顔)

 

というように話していました。

ブログ記事・「声・表情・心」

クラスメートの反応は、というと、

とても渋い顔をして、引き気味。

 

「なんだこいつ」

 

そんな風に思われていたかもしれません。

 

人間は、矛盾する感情や情報を同時に取り入れると、

不安や不快を感じ、心が混乱します。

 

楽しい話題、笑ってふざけ合うような話題を、

不機嫌そうな声で話せば、

「この話題を出すのはまずかったかな?」

と会話が途切れてしまいます。

 

例えば、手料理を友人にご馳走したとします。

もしその友人が、

つまらなそうな顔で「美味しかったよ」と言ったなら、

こちらとしては、

「美味しくなかったのかな」「無理して美味しいって言ってるよな」

と落ち込んでしまうでしょう。

 

嬉しい気持ちがあっても、声や表情にそれが乗っていなければ、

話す相手は気持ちを受け取れません。

 

それどころか、場合によっては不快な気持ちにさせてしまうのです。

 

私はあの時、ちゃんとにこやかに笑っているつもりでした。

眠いんだということを、ふざけた顔で表しているつもりでした。

 

しかし自分が思うほど「声・言葉・表情」は一致しておらず、

周囲からは「何考えてるかわからない人」と敬遠されていました。

 

そうして、人とまともにコミュニケ―ジョンが取れない私は、

「これが私の性格なんだ。私は性根が暗いから…」という諦めと

「ちゃんと伝えなきゃ、でも変な言い方になってまた引かれたらどうしよう」

という恐れの間をグルグルと回って生きていました。

 

 

人生の転機となった「体感」

kara_waru_man

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

私が話す声のレッスンを受けたのは、

そんな自分を何とかしたくて、でもどうしようもなくて

追いつめられていた時でした。

 

「技術を知って、せめてまっとうに話せるくらいになろう」

追いつめられながらも一大決心をして教室の扉をくぐったのです。

 

しかし、私がそこで体感したのは、

自分の想像を遥か上にいくものでした。

 

「変な言い方になったらどうしよう」

「あんな顔されたらどうしよう」

普段ならそう思って出せない声が、

レッスンの間は遠慮なく出せる。

 

失敗てもいいし、やりすぎだと思うくらいに出してもいい。

そんな安心できる空気がその場にありました。

気が付いたら自分の気持ちに火がついて、

爆発したかのように思い切り声を出していました。

 

スッキリしたのと同時に、

「ああ、これくらい出して初めて気持ちが通じるんだ」と

今まで自分がいかに気持ちを抑え込んでいたか、

気持ちと声、心が繋がっているということがどういうことが、

理屈ではなく身体で実感できました。

 

※話す声のレッスンについてはこちら

↓↓↓

 

レッスンの場だからこそできること

098081

自分の気持ちの伝え方、表現の仕方は、学校では学べません。

かと言って普段の生活の中で身に着けようとしても、

また敬遠されるのが怖くて動けなかったと思います。

 

あのレッスンの「場」があって、自分がそこに飛び込めたことは、

間違いなく私の人生の転機となりました。

失敗してもいい。やりすぎ大歓迎。

だからこそ私は変われたのだと思います。

 

変わるための場所は、このアマートムジカにあります。

だから、「自分は人と話せない」なんて決めつける必要は絶対にない。

あのころを振り返った今、私は確信を持ってそう言えます。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です