【「呼んでも気づいてもらえない」「声が通らない」を解消!!技術不要のボイトレ、その名は「歯に穴」】

Menu Tenin Yobu

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

「うまく声が出ないな」と悩んでしまうのは、

歌を歌うときだけでなく、

日々の生活シーンの中でも体験します。

 

声のお悩みで意外と挙げられることが多いのが

「お店で店員さんに呼び掛けても気づいてもらえない」

という悩みです。

 

「すみません!の一言を何度も大声で叫んでのどが痛くなった」

「何度も呼び続けたが、結局、店員さんが近くに来た時にしか気づいてもらえなかった」

などなど…

 

ちょっとしたことながら、

毎回毎回積み重なると

 

「また気づいてもらえなかった…」

 

と結構ヘコんでしまうんですよね。

 

そんな方向けに

声が遠くまで通り、呼びかけた相手に気づいてもらえる

芯のある声を出すためのテクニックをお伝えいたします。

 

 

なぜ私の声は通らないのか!?

353389

自分が通らない声で苦労している一方、

「この人の声よく通るなあ…」

「聞きやすい声だなぁ」

なんて方もいますよね。

 

そう言った方は、声を出すのに無理をすることなく、

かつ、聞いていて

「心地いいなぁ」と感じる、

そんな声を持っていらっしゃいます。

 

では、そんな人とあなたの声の出し方の違いは何なのか?

一言でいえば

 

「出た声がどこへ飛んでいくか」のイメージができているかどうか

 

なんです。

 

前回もお伝えした通り、

声を出す時のイメージは、

声質、つまり聞く相手にどんな印象を与えるかを大きく左右します。

 

前回の記事

「歌手のような歌声で、カラオケの得点アップ!!

あなたもカラオケの主役に!声質を変えて歌が上手くなる秘密の方法とは?」はこちらから

↓↓↓

 

「なんだそりゃ?」「そんなの意識したことないよ」

という方は一度お店で店員さんに対して

どのように声をかけたかについて

思い出してみてください。

 

「大きく声を拡げよう」

そんなイメージで出していませんか?

 

実は、そのイメージで声を出すと、

声はまとまりなくあちらこちらに散らばってしまいます。

 

声が散らばっていると、届けたい相手の方は

自分に向けて呼びかけられているのかがわからないのです。

 

それよりも、

「届けたい相手に向けて声を集めて飛ばす」

 

そんなイメージで声を出したほうが、

相手は自分に向けて呼びかけられていると気づくことができます。

 

 

芯のある声が飛んでいく。カギは「歯に穴」!

070311では、声が通らないとお悩みの方に、

通る声になるためのボイトレ方法をお伝えします。

 

とは言っても、専門的な技術は全く必要ありません。

やることは、自分の声に対するイメージをちょっと変えるだけです。

 

1.上の前歯の付け根に小さな穴が開いているイメージをします。

2.その穴から声が「上に弧を描いて遠くへ飛んでいく」

イメージをしながら声を出していきましょう

(ブログ内に載っている「びっくりスローモーション」や

「水ジャージャーのイメージ」で声を出してください)

びっくりスローモーションについてはこちら

↓↓↓

【歌が上手くなる方法とは? アマートムジカオリジナル「びっくりスローモーション」】

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

 

 

水ジャージャーについてはこちら

↓↓↓

【あがり症を克服するための方法「水ジャージャーとは?

話し方を学ぶ前に「丹田」を使いこなす!】

これだけです。

歯の穴から声が飛んでいく、

そんなイメージをすることで、

今まで散らばっていた声が一点に集まって

芯のある、通る声になっていきます。

 

この時、イメージをする上で重要なポイントがあります。

声を届けたい相手を

飛び越えて遠くへ飛んでいく」

そんなイメージをすることです。

歯に穴イラスト

相手に声を届けようと考えている人は、

相手の顔や胸元めがけて声を飛ばしていることが多いです。

 

しかし、そのイメージですと、

相手に声が届く前に声が落っこちてしまうのです。

声がこもってしまい、声のトーンも落ちて暗くなります。

相手に暗い印象を与えてしまうのです。

 

声を届けたい相手を包み込むように、

弧を描いて飛んでいくイメージをすることで、

聴いている相手は「気持ち良い声に包まれている」

と感じて明るい印象を与えることができます。

 

 

呼びかける声から「伝わる声」への変化を実感しよう

osyaberi

呼びかけた声に返事がもらえる。

 

たったそれだけながら、

通じた、気づいてくれたという嬉しさは

自分の声に自信を持つための

大きな一歩となります。

 

最初はたった一言だけでもOKです。

どんな風に声を届けるか、

イメージした時の声の違いを

日々感じながらやってみましょう。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です