【歌手のような歌声で、カラオケの得点アップ!あなたもカラオケの主役に!声質を変えて歌がうまくなる秘密の方法とは?】

625939

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

あなたが今一番憧れている歌手はどなたですか?

その人の歌い方そのまま、カラオケで再現できたら…

 

きっと、周りから「上手~い!」と絶賛され、

カラオケの主役になること間違いないでしょう!

 

でも、自分の歌とCDとを聞き比べると

 

「すごいダミ声だなぁ…」

「なんか汚いんだよなぁ…」

 

と、凹んでしまう…

 

そのような、

「自分の声質に悩んでいる方」

に声質を変える秘密の方法をお教えします。

 

 

あなたの声は「きしめん」?「そうめん」?

food_kishimen

「声質なんてそうそう簡単には変わらないんじゃないの?」

 

そう思われるかもしれませんね。

私も、生徒としてアマートムジカでレッスンを受けるまでは

ずっとそう思っていました。

 

ですが、レッスン中、あることをするだけで、

声質がはっきりと変わっていきました。

 

それは何かと言いますと、

 

「声のまとまりをイメージすること」

 

です。

 

「声のまとまり?何だそれ?」

 

あなたがそう思うのは当然だと思います。

 

そこでまず、自分の声を録音して聞いてみてください。

 

「何だかキンキンしてるなぁ」

「聞いててうるさい声だなぁ」

 

そう感じた場合、あなたの声はまとまりがなく、

あちこちに散らばって出ています。

 

実はこのような散らばった声のイメージを麺に例えると、

「きしめん」

の状態といえます。

 

つまり、

声が「きしめん」のように平べったくつぶれた状態になっており、

雑音が生まれ、聞きづらい声になっている状態と言えるのです。

fullsizerender-2

まずはこの「きしめん」のようにつぶれた状態を、

「うどん」

のように芯があり太い状態にしていきます。

 

つまり、

声を「真ん中に集めてみる」のです。

 

手で声を集めるようにジェスチャーしながらイメージしてみると、

「うどん」になっていき易いです。

fullsizerender-1

それだけで、声にまとまりが生まれ、雑音もなくなります。

聞きづらかった声が、

芯のある、息の混ざった声に変わっていきます。

 

このうどん声ですと、

切ない雰囲気のバラードや、

色っぽさのある歌が

歌いこなせるようになります。

 

次にこの声を

「そうめん」

の細さになるまで集めてみましょう。

これも、手でジェスチャーを作りながら行うとやりやすいです。

fullsizerender

声にさらに芯が生まれ、よりクリアなはっきりとした音になります。

明るい曲調のポップスや、

お子さんと一緒に歌うアニメソングなどに

よく合う歌声になっていきます。

 

 

鏡でチェック! 「○○の形」きしめんになっていませんか?

470751

うまく声が変わらないなぁ、という場合は、

声を出している自分を鏡で見てチェックしてみましょう。

 

その時、口の形に注目です。

口の形が平べったく、閉じた状態になっていませんか?

 

いくらイメージがうまくできていたとしても、

口の形がきしめん状態だと、

出てくる声はそのまま

「きしめんのようにつぶれた声」

になってしまいます。

 

口の形は「丸」のイメージで開けましょう。

 

開け方はこちらを参照してください。

↓↓↓

【初公開!カラオケでうまく歌うためのもう一つの「コツ」とは?

「母音の発音」をマスターすれば、うまさ2倍増し!】

丸い口にするだけで、出てくる声も丸く柔らかいものになっていきます。

声も響くようになり、より遠くまで通るようになりますよ。

 

 

手の届かなかった、あの歌を歌おう!

karaoke_nessyou

「自分の声が汚いなぁ」

と感じてしまうのは、

声のイメージを今まで意識していなかっただけです。

イメージの仕方がわかった今、声質は簡単に変えられます。

 

あとは、好きな歌手さんの歌い方を振り返って、

その声のイメージに合わせて歌うだけです。

 

「自分にはこの曲合わないから」

とあきらめる前に、ぜひやってみてください。

 

あの人になりきって、

是非「イケメン」になって、

思い切りカラオケを楽しんでくださいね!

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です