【カラオケで、男性ボーカルの曲を女性でも歌えるようにするには?】

625939

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

前回「男性が女性ボーカルのアニソンを歌うためのコツ」

についてお伝えしました。

声質を明るく整えて、高い音域もカバーできるようにすれば、

男性ならではのアレンジを効かせた歌にすることができます。

 

そしてそれは逆も然り。

女性でも、声質を整えて、低い音域を歌いこなせるようになれば、

女性ならではの魅力ある歌い方ができるようになります。

 

そこで今回は「女性が男性ボーカルのアニソンを歌うためのコツ」

をお伝えします。

 

 

男性っぽく歌おうとすると、ちょっとキツイ?

430650

以前、生徒さんが

「中島みゆきの曲がうまく歌えない」とお悩みで、

どんな風に歌っているかチェックしてみたことがありました。

 

中島さんは声質がハスキーで、曲の音域も全体的に低めです。

そこで、生徒さんはハスキーな声質を見よう見まねでやってみたそうです。

 

すると、低音域だけでなく中音域まで、声がこもってしまい音量が小さくなりました。

また、所々でのどが締まるような苦しそうな表情になっていました。

 

中島さんの楽曲は、確かに音域は低めではあります。

が、女性が全く手が出せない範囲ではありません。

それなのに、なぜのどを締めるようになってしまったのでしょうか?

 

 

「低い音域」に対する先入観

500342

この時、私は生徒さんに

「どこで響かせようとしているか?」を尋ねてみました。

すると生徒さんは「下あごから押し出すように声を出していた

と返答したのです。

 

ここに、のどが苦しくなる原因があります。

声は、主に口の中の空間や、副鼻腔で響きます。

副鼻腔は、その名の通り、鼻腔と隣り合った空間です。

そしてこの場所は、下あごではなく、上あごに接しています。

 

下あごに響かせようと意識すると、声は上手く響きません。

響かない声を無理に出そうとして、顎には余計な力がかかってしまいます。

その結果、声がこもり、のどを締める状態に陥っていました。

 

 

低い音域でもきれいに響く3ステップ

623554

それでは、男性ボーカルの曲を歌うためのコツを

3ステップでお伝えします。

 

1.あごから首にかけて水ジャージャー

まずは、緊張している下あごから首筋にかけて水ジャージャーをしてみてください。

※水ジャージャーについてはこちら

↓↓↓

【あがり症を克服するための方法「水ジャージャー」とは? 話し方を学ぶ前に「丹田」を使いこなす!】

下あごの緊張が解け、のどを締めることがなくなります。

また、下あごに対する意識が薄れ、

自然と声が上顎の方へ響くようになります。

 

2.上向きの矢印をイメージ

こちらの記事を参考に、

声が頭上から出るようなイメージで出してみてください。

↓↓↓

【低い声の音域を広げるコツとは?② 基本の発声+1つのイメージで楽に響かせよう】

低い音域でも、音程が下がりすぎることなく、音量も増していきます。

 

 

3.中音域は「歯に穴」の応用で

女性が、男性的なハスキーな声質で、そのまま中音域を歌いたい場合、

普段通りに歌おうとすると、

声質がまとまりすぎて明るすぎる印象を与えることがあります。

そこで、「歯に穴」のアレンジで、

声が前歯全体を通るようにして出してみてください。

※「歯に穴」についてはこちら

↓↓↓

【「呼んでも気づいてもらえない」「声が通らない」を解消!! 技術不要のボイトレ、その名は「歯に穴」】

落ち着いた柔らかい声質になり、男性らしく歌うことができるようになります。

 

いかがでしたか?

アニソンには、独特な世界観ならではの

カッコよさ、凛々しさ、情熱の強さが込められています。

そしてそれらを表現するのは、男性だけの特権だけではありません。

 

男性ボーカルの曲だからと言って「歌うの大変かも…?」と尻込みせずに、

ヒーローになりきって、カッコよく歌ってみてくださいね。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です