【地声を高くする方法 まとめ】

Print

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

ボイストレーニングをする生徒さんが目指すゴールの中で、

一番多いのは、

「高い声を出せるようになりたい」です。

 

近年の歌は求められる音域が高く、

自分の音域が届いているかを気にされる方が多いのですね。

 

しかし、ただ単に音域が届けばいいというわけではありません。

より質の高い歌を歌うために、

「低音域と同じように、地声の太く芯がある声で歌いたい」

と皆さんが思うものです。

 

そのためのコツは生徒さんごとに多種多様なものがあります。

それぞれに違う歌い方の癖があり、

癖を解消するアドバイスも人によって適した方法が変わるからです。

 

今回は、地声で高い音域を出すための基本的な発声方法や、

レッスンを通して発見した、歌い方の癖の解消法を紹介いたします。

 

地声で歌うための基本テクニック

510650

まずは、アマートムジカの発声法の根幹部分となっている

「3つのポイント」についてです。

低音域だろうと高音域だろうと関係なく、

この3つの発声法を順番に行っていけば、声は出るようになります。

言い換えれば、低音域と同じように高音域も歌えるようになります。

 

「高音域でもを安定して大きな声を出せるようにしたい」

とお考えの方は、こちらの「腰グルグル」を行ってみてください。

高音域でも息を太く、多く吐けるようになり、声が安定します。

 

「どんな時でも即座に声を出せるようになりたい」

「オクターブの差があるキーも楽に歌えるようになりたい」

という方は、こちらの声帯を鍛えるボイトレがお勧めです。

 

 

声が出ない時に。良く出てくる癖と対処法について

470751

次は、「声が上手く出ないな」と感じる時にチェックしていただきたい、

「歌い方の癖」とその対象法についてです。

 

最近来られる生徒さんで、毎回必ずと言っていいほど

「顎周辺の筋肉の緊張」が癖になっている方がいらっしゃいます。

やろうと思って力を入れているのではなく、

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

普段の生活や習慣の中で、無意識の内に緊張してしまっているのです。

 

下顎が緊張していると、その緊張が首や声帯周囲に伝わり、

声を出す時に声帯に常に負担がかかってしまっています。

こちらの記事で、緊張を取るための方法を掲載しています。

 

また、声帯や口周りだけでなく、体感や脚が緊張している場合でも、

吐く息が安定できず、へろへろの声になったり、裏返ったりします。

3つのポイントの一つである「水ジャージャー」のイメージは、

歌う時だけでなく、普段の身体の状態も、

リラックスさせて、安定感を与えてくれます。

こちらの記事を参考に、よりイメージを深めていってください。

 

 

このように、地声の音域を高くする方法も様々なものがあります。

自分の声の出し方をチェックしながら、

「これ使える!」と思ったものはどんどん取り入れてみてくださいね。

 

お知らせ

●当スクール代表がTV出演、雑誌掲載されます。

当スクールのボイトレメソッド創作者 歌手 堀澤麻衣子がテレビ東京「THE カラオケ★バトル(放送:5月9日(水)」に出演しました。当日の様子や舞台裏を公開していますので、よければぜひご覧ください。

5/9「THE カラオケ★バトル」出演の裏舞台
http://blog.amatomusica.com/20180509-tkb

 

また、4月24日(火)発売の週間女性「人生ドキュメント」にも掲載されております。よければぜひ書店・コンビニなどでお買い求めください。

●週間女性 GW5月8・16日号

「人生ドキュメント」堀澤麻衣子 6ページ
特別インタビュー掲載

こちらで購入できます
https://goo.gl/xU5hgU

 

●当スクール10周年記念イベント「1日で感動的に歌が上手くなる!!魔法の音楽祭」

10aniversary
↑ 1日8時間=8.8万円のボイトレを → 3,900円で体験できます!

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です