【音域を広げる方法まとめ 低音も高音もラクラク出せるコツ】  

299358

 

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

ボイストレーナーになって、様々な生徒さんのお悩みを訊いてきたのですが、

その中でも特に多いお悩みの種類が「音域」です。

 

最近の曲は、男女ともに高いキーが多く、

「高い音域で声が出るようになりたい!」

という方は多いです。

 

かと言って、低い音域は大丈夫かというとそうでもなく、

「低い音域だと声が不安定になる」

「低い音域も出して歌える歌を増やしたい」

方もたくさんいらっしゃいます。

 

今回は、「音域を広げるためのテクニック」について

今までの記事からまとめてお届けします。

 

低い音域を出せるようにするには?

514544

「低いキーなんて難しくないだろう」と思っている方。

実は、低い音域の出し方は、人によっては高いキーより難しいです。

 

では、どんな人が低い音域が苦手なタイプでしょうか?

低い音域は、声帯を緩ませることで出ています。

この「緩める」ということが苦手な人は、低い音域を出しづらい傾向にあります。

 

よく「身体が緊張しているせいで高い声が出しづらい」

という方がいらっしゃいますが、

実はそういう人は、低い声を出すのはもっと難しいのです。

 

そこで、身体の緊張が自然に解けた状態にするために、

以下に挙げる方法を行ってみてください。

 

 

 

 

 

また、声質も重要です。

「声質が硬い、子供っぽいと言われる」

「息がぼそぼそとこもる、暗い印象を与える」

こういった声では、気持ちよく歌うことはできません。

 

低い音域でも、通る柔らかい声で歌いたい場合は、

こちらを参照にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

高い音域を出せるようにするためには?

594860

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

高い音域が出ない人は、どんな状態かを突き詰めると、

「チェンジボイスが起こって声が弱々しくなる」

「高い声だとのどが痛い」

といったことが多いです。

 

チェンジボイスやのどの痛みが起こる原因は、

「のどが閉まったまま声を出そうとしていること」です。

のどが閉まっていると口の中で声が響きません。

そのまま無理に声を出そうとして、

のどに力が入り、声帯に負担をかけてしまうのです。

 

そこで、のどや声帯に負担を掛けないようにするために、

こちらの記事を参照にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

また、「どうしてもこの音を出したい!!」という場合には、

切り札として、こちらの方法を試してみるといいでしょう。

高い音域でも息を吐きやすくなり、声が楽に通るようになります。

 

 

 

どれも簡単に実践できる方法ばかりです。

ぜひ活用して、歌の表現の幅を広げていってくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です