【チェストボイスとはどういうこと? 何故高音だと出し辛い?(デモ音源付き)】

623554

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール

アマートムジカ<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

ボイストレーニングを行っている方ならば誰もが、

「チェストボイス」「ヘッドボイス」「ミックスボイス」

という言葉を聞いたことがあると思います。

 

でも、

「実際のところどういう声なんだろう?」

「自分の声はどれに当てはまるんだろう?」

何となく歌ってはいるものの実際はわからないことも多いと思います。

 

そこで今回は、3つの発声のうちの一つ「チェストボイス」

について、アマートムジカの発声法と合わせて説明していきたいと思います。

 

 

チェストボイスだと高音が出し辛い理由

476071

チェストボイスは「胸声」いわば胸腔主体で声を響かせることです。

 

特徴として

1.中低音域で使われる

2.太く力強さを感じる声が出る

3.普段話している時の声に近い

 

ということが挙げられます。

 

逆に言えば、高い音域や、芯がある声質は、

チェストボイスだと出しにくいのではないでしょうか。

 

チェストボイスのまま、低音から高音に移動しようとすると、

「声がひっくり返る」

「声が急にキンキンする」

「のどが痛くて出辛い」

と言った原因で歌い辛いという方が多くいらっしゃいます。

 

それは何故か?

「のどが開いていない状態」で声を出しているからです。

 

アマートムジカの発声法で言えば、

「びっくりスローモーション」が正しくできていない状態です。

特に、「息の流れが途中で止まってしまう」場合が多いです。

びっくりNGイラスト

びっくりスローモーションの詳細についてはこちら

↓↓↓

 

のどが開いていないため、口内や鼻腔で声が響かず、

のどに力をかけて声を響かせるようになります。

やがて痛みや出しづらさで限界がきて、裏声へのチェンジボイスが起こります。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

 

 

自分の声はどんな声? デモ音源で比較しよう!

232787

「自分の声が正しく出せているか?」「のどを閉じた声になっていないか?」

と不安に感じる人も多いと思います。

チェストボイスの声は具体的にはどんなものなのか?

これは、言葉で解説するより実際に声を聞いていただいたほうが早いでしょう。

 

アマートムジカのメソッド開発者である堀澤が、

チェストボイスの音声を再現いたしました。

こちらを聞いてみてください。

↓↓↓

 

・音量はあるが音程が暗く低めに聞こえる

・声がつぶれたような固い印象がある

このような特徴が見られます。

皆さんご自身のお声とぜひ比較してください。

 

自分の発声に無理があるかどうかは、意外と自分ではわからないものです。

まずは自分の発声の傾向に「気づく」ところから始めていきましょう。

 

次回は3つの発声のうちの「ヘッドボイス」についてお伝えします。

お楽しみに。

 

 

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です