【低い声でも魅力的に歌えるようにするには? ○○を切り替えると声質も変わる!】

070107

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

歌コーストレーナーのキャサリンです。

 

音域を広げることは、歌っている皆さんが常に意識していることかと思います。

最近の曲は男性であっても高音域まで伸びるような歌が多く、

高音を出せるように、皆さん色々な練習をされているでしょう。

 

しかし、高音がきれいに出せるになりたいと思う人が多い反面、

低音について意識している人は少ないです。

低音=地声というイメージのためか、

特に練習しなくても問題ないと思っていらっしゃるのかもしれません。

 

しかし、いざ歌ってみると、

「低い声がうなっているように聞こえる」

「低い音から高い音に移ろうとすると声がひっくり返る」

などといった問題点が意外と出てきます。

 

そこで今回は「低い声も魅力的に歌い上げるためのポイント」をお伝えします。

 

 

単純だけどとても大事な「イメージ」

ojisan2_idea

 

今回お伝えする方法は、何ら目新しいものではありません。

今までのブログの中でも何回も出てきた方法であり、

アマートムジカオリジナル発声法のうち、代表的なものの1つである、

歯に穴」のイメージです。

歯に穴イラスト

声が上に弧を描いて飛んでいくイメージをすることで、

声が鼻腔に響きやすくなり、芯のある声質に変わります。

 

ここまで読んだ方は「え、そんなことなの?」と思われるかもしれません。

実際、行うことはとても単純です。

しかし、それでもこの発声法を挙げたのには理由があります。

なぜなら、低い声が出しづらいと悩んでいる方は、

このイメージと真逆のことを、当たり前のように行っているからです。

 

今までの生徒さんの中で、

低い声が出しづらいとお悩みだった方はほとんどが、

低い音程=下向きに声が飛んでいくイメージ」を持っていらっしゃいました。

 

「高い・低い」という言葉通りに捉えれば、

低い声を出すときに下向きに飛ばそうとするのはごく自然なことです。

しかしこのイメージは、

下あごに意識が向きがちになり、力が入る癖を引き起こしやすくなります。

 

下あごに癖が現れることによって、声にも以下のような癖が現れます。

 

1.声がこもり、音程が過度に下がる

芯のある声を出すためには、声が鼻腔を中心に響くようにするのが重要です。

下あごに意識が向くと、声が響く場所が下あごの方に下がってしまいます。

すると響きにまとまりがない、こもった声になったり、音程が下がり過ぎてしまいます。

 

2.音が割れやすい

下あごに力が入ることで、口を開けづらくなります。

口の中の空間も閉じていき、声質が固い、キンキンしたものに変わります。

さらには、そのまま音量を上げようとすることで、

音が割れたり、がなり声で歌っているように聞こえてしまいます。

 

3.高音域を歌おうとすると声がひっくり返る

低い声だけ下向きのイメージで歌っているということは、

低い声で歌っている時と、高い声で歌っている時とで、

声を響かせる場所が切り替わるということです。

この切り替えが急に起こると、声帯周囲の筋肉は動きをコントロールしきれず、

声がひっくり返ったり、音量が安定しなくなります。

 

低い声が苦手な生徒さんは、「低い声=下向き」のイメージが無意識に身についています。

そこで、繰り返し「歯に穴」を練習して、

声を飛ばすイメージを下向きから上向きに切り替えていくのです。

 

 

 「歯に穴」を使いこなすためのポイント

043659

次に、「歯に穴」を行う上でのチェックポイントについてお伝えします。

 

チェックするのはこの2つです。

1.目線を逸らさない。

声は、目線の動きに大きく影響を受けます。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

目線が泳いでいる人は、それにつられて、息が安定せず声も細くなりがちです。

「歯に穴」で声に芯をつけるには、目線を前に定めて、その方向に声が飛んでいくイメージをしていきましょう。

 

2.指差しで声の方向を定める

イメージを強化するには、身体の動きをつけるのが効果的です。

指で上に弧を描いて、声が飛んでいくルートをイメージしやすくしていきます。

声と指の動きを同時に行おうとすると身体が力むことがあるので、

声を出す→指を動かすの順番で行いましょう。

「歯に穴」イメージのポイント

 

 

低い声のイメージは、こちらの記事にも掲載されています。

・歌いたい曲に対して、色や情景のイメージがついている

・目を閉じたほうがイメージがしやすい

という方はこちらを試してみるのもいいかと思います。

 

 

低い声であっても芯のあるきれいな声質にできる

559726

「低い声もっ魅力的に歌い上げるためのポイント」はいかがでしたでしょうか?

大事なのは、「低い声も高い声も、上向きのイメージで歌う」ということです。

声を響かせる場所が定まっていることで、

低音から高音へ音が移り変わるときも、

滑らかに芯のある声質のまま歌えるようになります。。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

お知らせ

●当スクール代表がTV出演、雑誌掲載されます。

当スクールのボイトレメソッド創作者 歌手 堀澤麻衣子がテレビ東京「THE カラオケ★バトル(放送:2018年5月9日(水)」に出演しました。当日の様子や舞台裏を公開していますので、よければぜひご覧ください。

2018/5/9「THE カラオケ★バトル」出演の裏舞台
http://blog.amatomusica.com/20180509-tkb

 

また、2018年4月24日(火)発売の週間女性「人生ドキュメント」にも掲載されております。よければぜひ書店・コンビニなどでお買い求めください。

●週間女性 GW5月8・16日号

「人生ドキュメント」堀澤麻衣子 6ページ
特別インタビュー掲載

こちらで購入できます
https://goo.gl/xU5hgU

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です