【発声練習で100%見つかる、声の出し方において重要な「癖」とは?】

010946

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール

アマートムジカ 歌コーストレーナーのキャサリンです。

 

声が出ないお悩みを解決するために、

レッスンでは次の二つのことを行っています。

 

一つ目は、「正しい発声法を伝える」こと。

呼吸の仕方、お腹の使い方など、

のどや身体に負担がかからず、楽に歌える方法を実践します。

 

二つ目は、「声を出す時の癖を見つけて修正する」ことです。

声を出す時の癖は、人によって、原因は千差万別です。

身体の凝りからくるもの、

長年歌ってきた方法が積み重なったもの、

メンタルからくるものなど、

生徒さんそれぞれの歌い方をチェックして、何が原因かを探っていきます。

 

今回はその癖の中でも

ほぼ100%生徒さんについている癖についてお話します。

「声を出す時にのどが痛くなる」「声がかすれる」

という方は、ぜひ読んだ後、

歌の練習をする時にチェックしてみてください。

 

 

声を出す上での大前提「口をたてに」

514544

さて、ほとんどの生徒さんについている癖とは一体何か?

それは、声を出す前、

息を吸おうとする時点ですぐに表れるものです。

 

試しに、鏡を見ながら、「あー」と声を出してみてください。

その時、口はどれくらい空いているでしょうか

5ミリくらいの隙間でしょうか?

指1本入るくらいでしょうか?

実は、この時点で、重大な発声の癖が現れています。

 

つまりは、「声を出す時の口の形」です。

 

口の大きさは、

顎を下げて、指が縦に2本入るのがベストです。

そこまで開けない、顎に力が入るという方は、

普段から口を開けずに話す癖がついています。

 

この癖があるかないかで、声の出しやすさは全然違ってきます。

以前、カラオケで上手く歌うためのワンポイントとして、

口の形について述べています。

↓↓↓

【音程・音量・メンタルが驚くほど変わる!カラオケを上手く歌うための「コツ」とは?】

http://blog.amatomusica.com/archives/679

 

ここでお伝えした通り、

音量や声質に大きな影響を与える口の形ですが、

吐く時だけ開けていればいいというわけではありません。

 

息を吸う時にも、口は開けておくことが重要です。

吸う時に口が閉じていると、

のどの痛みや、声のかすれの原因となります。

 

吸う息と口の形の繋がりとは?

780221

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

では、その理由は一体何なのでしょうか?

「のどと呼吸の関係」に答えがあります。

 

「声を出す時にのどが痛い」

というお悩みの生徒さんは、

息を吸う時に口を開けていない方がほとんどです。

 

のどを傷めず楽に声を出すには、

のどが開いている状態を作ることが必要です。

 

のどは、呼吸をして息が通ることによって開きます。

たくさん息が通れば、

その分のどは大きく開かせることができます。

しかし、口の大きさが小さいと、

その分吸い込む息も少なくなり、のどが開きづらくなります。

 

のどが開いていない状態で無理に声を出すと、

不必要な力をかけて声帯を動かすことになり、

声帯の負担になります。

 

「のどが痛くなる」「声がかすれる」

と言ったお悩みの原因に、

口の大きさは密接に関わっているのです。

 

 

口の形チェックを習慣づけよう

470751

ボイストレーニングをする際に、

100%と言っていいほど、口の形にはチェックが入ります。

毎回発声をするごとに、

口が開かなくなっていれば、指摘して修正していくのです。

それくらい、口の形は声を出す上で大事です。

 

逆に言えば、口が開いているだけで、

声の出し方の癖を一つ解決したことになります。

 

ぜひ発声をするその前に、鏡を見ながら

一度口をチェックする習慣をつけてみてください。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です