気持ちよく楽しく歌うための、驚くほどシンプルな方法とは?

歌を歌えば運が良くなる

こんにちは。スタッフKです。

 

当スクールの大阪校には

「たった1日で声が変わるのなら・・・」

関西だけでなく、九州や中国地方など遠方からも生徒さんが来られます。

先週は、広島や、三重県などからお越しいただきました。

遠方から、本当に感謝しています。

 

今回ご紹介するのは、三重県から来られたTさん。

「歌が好きなんです!3日続けてカラオケやスナックで歌う日もあります♪」

という50代の男性です。

 

しかし、実は最近までは歌うことも音楽を聴くこともほとんどなかったそうです。

そんなTさんに「歌を習いたいと思った」きっかけを教えていただきました。

 

 

“歌を歌えば 運が良くなる!”の本との出会いが歌への想いを開花!

 

「良い音楽を聴き、歌を歌うと幸運を引き寄せることができる」

 

Tさんは、あるセミナーに参加した時に、

講師の方にこのように言われたことをきっかけとして、

歌を始めたそうです。

 

洋楽が気に入って―――若いころ、70年代~80年代にかけて聞いていた曲が、

心の片隅に残っていたのでしょう―――、ビリー・ジョエルやビージーズ、

アースウインド&ファイア(ああ、懐かし~)

そして・・・なんとマライアキャリーも歌われるそうです!!

 

 

練習を続けていった結果、

「そこそこ」音量が出るようになったし、

サビの高音も出ないことはない。

 

自分ではそれなりに満足されていたので、

「これくらいでいいのでは?」

という気持ちもあったそうですが、一方で、

「でも何か違う・・・。もっとできるかも・・・。」

という想いもあり、

この二つの相反する考えが、頭の中をぐるぐる・・・。

 

 

そんな時、Tさんが出会ったのが、

当スクール代表である堀澤麻衣子著の

「歌を歌えば 運が良くなる!誰もが持つ幸せになる8つの法則」

でした。

 

歌を歌えば運が良くなる

この本を読まれたTさんは、

しっかり音量が出るとか、高音が出るということも必要だし大切だけれども、

それ以上に、本当に大切なことがある、ということに気がついたそうです。

 

それは、

「もっと心を振るわせる感動する歌を歌いたい!」

「自分の心を喜ばせたい!」

という想いでした。

 

この想いに気づかれ、

アマートムジカのボイストレーニングを受けに来られたのでした。

 

 

喜びのエネルギーに溢れて歌えるようになるボイストレーニング

 

まずはじめに、

古武術を活用した方法で身体をゆるめていきました。

 

また、発声についても、アマートムジカオリジナルの

“水ジャージャー”

を繰り返し身体に染み込ませていきました。

 

これにより、長時間歌っても喉が痛くならず、

力みのないラクに歌える発声が

できるようになりました。

 

さらに、“クッション練習”や高音がラクラクでる骨格の使い方や、

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

低音が出るイメージ法を行っていきましたが、

結果、音域が3オクターブ半まで広がりました。

技術的なことをしっかり身につけるのは、とても大切です。

 

 

しかし、さらに大切なことは、

 

この身につけた技術をもとにして、

「どのようにして自分の気持ちを相手に届けるのか」

です。

 

 

具体的に届けたい相手を想い、そして、その人にどんな気持ちを歌を通じて届けたいか。

 

それを知ることにより、

これまでとは比べものにならないくらい気持ちよく楽しく歌うことができ、

さらに、表現力も身についてきます。

 

1日修得のレッスンの中では、必ず“アメージンググレイス”を歌います。

 

アメージンググレイスを繰り返し歌っていく中で、

Tさんは、何度も涙ぐまれていました。

 

歌い終わった後、

 

「歌うことがこんなに感動することだったなんて

初めて知りました!」

 

「愛する気持ちをもう一度取り戻すことができました!」

 

とやさしい笑顔で、歌う喜びをかみしめていらっしゃいました。

 

 

ぜひ、Tさんの声と愛する心を歌で届けて

まわりのたくさんの方々を癒したり

元気にしていってほしいなと思います。

 

 

レッスンの感想

「高い声を腰を入れて歌えるようになり、3オクターブ半まで歌えるようになった!!

歌を歌うことで、普段言えない感謝や、心の奥底に眠っている情熱、夢を信じる心、

誠実さ、愛する気持ちを心に取り戻すことができました!」

感想

 

メルマカバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です