ボイストレーニング健康法とは?ボイトレすると自律神経が整う!

 Shared Img Thumb SAYA160312410I9A4213 TP V

こんにちわ。

アマートムジカのスタッフKです。

edbbigcg.

今回は、ボイストレーニングと健康の関係について解説してみたいと思います。

ただ、この分野は、実は、アマートムジカ代表の堀澤麻衣子が親しくさせていただいている

順天堂大学 医学部病院 教授である小林弘幸先生の言葉をお借りしたいと思います。

 

自律神経を鍛える方法は、歌を歌うこと

小林先生は、自律神経の権威として、最近では、「聞くだけで自律神経が整うCDブック」が大ヒットしており、また、腸に関する著書なども出版されその道の権威としてメディアにも多数出演されています。

さて、今回は、堀澤の著書である「歌を歌えば運がよくなる!」の中で、小林先生が歌と自律神経の関連性について言及していただいているところを引用してご紹介したいと思います。

「自律神経を一番鍛える方法は、歌を歌うことなんです!

なぜなら歌は、呼吸を扱うから。実は、自律神経を唯一コントロールできるのが、呼吸なのです。」

「自律神経には、緊張を強いるアクセル役の交感神経とリラックスに導くブレーキ役の副交感神経の2つがあります。このバランスを崩すことが、心と身体にさまざまな影響を及ぼします。みなさんはあらゆるストレスにさらされ、うまくリラックスできない状態です。これを解消するためには、リラックス神経と呼ばれる副交感神経をどのように高めていくかが重要です。」

「ですが、副交感神経は年齢と共にその働きが低下していきます。また、腸の環境が悪かったり、体調が悪かったりする場合も活性化することが難しくなります。」

「では、どのように高めていくか、ということですが、とても簡単ですぐできるのが歌を歌うことなんです。」

 

歌を歌うことは、究極の自律神経調整法

-shared-img-thumb-PASONA_34_TP_V

以上、先生の言葉を引用いたしました。

小林先生曰く、「歌を歌えば自律神経が鍛えられ、整う」のです。

 

ストレスにさらされ、なんだか不安になったり、焦ったりすることがあると思いますが、このような時にこそ

「歌を歌う」ことにより、自律神経が整い、心が安定する。

歌を歌うというのは究極の「自律神経調整法」といえるのではないでしょうか。

 

「歌を歌いたいけれど、私は下手だし。。。なかなかカラオケに行こうとか思えない」

「音痴だから歌うのが楽しくない!」

「高い声が出ないからワクワクできない!」

 

そのように思われる方もいらっしゃると思います。

そんな方こそ「ボイストレーニング」です。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

 

ボイトレして、歌も上手くなって、自律神経も整って、一石二鳥!

-shared-img-thumb-saya0I9A4204072170615_TP_V

歌を歌うことにお悩みを抱えていらっしゃる方には、特にボイストレーニングが有効です。

歌も上手くなって、自律神経も整って心身が健康になる。一石二鳥です。

アマートムジカのボイストレーニングは、

丹田呼吸法(動画はこちら

びっくりスローモーション(びっくりスローモーションの詳細記事はこちら

そして、

古武道ストレッチ(ストレッチの詳細はこちらでも紹介しています)

を使います。

とにかく呼吸を大切にしてレッスンを行いますので、結果的に、皆さん自律神経も整うようになります。

(これは声とメンタルが深く関連している理由のひとつでもあります。)

 

1日で歌が上手くなって、自律神経も整う。

ボイストレーニング健康法を是非ともお試しいただき、皆さんも自律神経を整えて健康な心を手に入れていただけたらと思います。

 

スタッフK

edbbigcg.

 

アマートムジカでは、

【ボイトレ感動革命】

というメールマガジンを発行しています。

 

ボイストレーニングで運が良くなるヒントが散りばめられていますので、ぜひこの機会にご登録ください。

▼ 登録はこちら ▼

https://a00.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=690&s=1&f=12

 

 

メルマカバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です