【パソコンとにらめっこしているあなたに送る!「歌が上手くなる」3つの簡単ストレッチ方法】

疲れてる人

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

仕事をする上で、

人と話すことと同じくらいに

パソコンを使いこなすのが必須となっている方も多いのではないかと思います。

中には一日の半分をパソコンとにらめっこ、

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

長時間のパソコン作業は、

猫背、肩が張る、顎が前に出るなど

声を出す上で良くない姿勢を作ってしまいます。

 

今回は、パソコン作業をする人向けに

身体の凝りを取り声が出やすくなるストレッチをご紹介します。

 

 

パソコンの姿勢は声の天敵!

500954

今回いらっしゃったNさんは、

学生の頃からクラシックの曲を歌っていらっしゃいました。

それ故に、最初から広い音域がある方だったのですが、

声を出そうとする時に、どうしても肩が上がってしまいます。

 

肩が上がると、

胸式呼吸になり、息を深く吸えない。

首回りの筋肉を連動してしまってしまい、声帯に負担が掛かる

などのデメリットが発生します。

 

よくよく見ると、声を出す時だけでなく、

普段話している姿勢でも肩に力が入っているのが見受けられました。

肩が張るような原因で思い当たることはないか伺ったところ、

2,3か月前まで、

一日10時間近くパソコン作業をする仕事についていたとのことでした。

 

肩が上がる姿勢が、仕事の影響で定着してしまっていたのです。

 

そこで、発声練習の前に、まず、肩のほぐしをすることにしました。

身体に凝りがないかどうか、というのは発声をする上でとても重要です。

 

日頃の姿勢が偏っていたり、

疲れが溜まっている状態だと、

生徒さん自身が、緊張している状態を意識できません。

 

以前にも、身体がカチカチに硬い生徒さんがいらっしゃいました。

その方も、自分の身体が硬くなっていることに

最初は全く気づけなかったようです。

 

くわしくはこちら

↓↓↓

【本来の声を取り戻すために最も効果的な方法とは? 声を出す前に肩甲骨をはがす!】

 

自分の身体であっても、意外と分からない方は多いのですね。

 

アマートムジカ独自の「肩甲骨はがし」で肩甲骨周りをほぐしていくと、

 

「あ~~~そこそこ~~♪」

 

とNさんはうっとりとした表情になりました。

肩がほぐれた感覚と、

深呼吸をすると今までと肺の広がり方が違うのを実感され、

太くしっかりした声が出るようになりました。

 

その後、Nさんからこんな質問がありました。

「普段の生活で肩をほぐしておける方法ってありますか?」

身体がほぐれていることの重要性を実感したのと同時に

この状態を保っていけるのかが不安になったそうです。

 

 

デスクに向かっていてもできる3つの簡単ストレッチ

finger_count03

というわけで、

パソコン作業中でもできる、肩プラス首のほぐし方を3つ、

お伝えしたいと思います。

 

~肩甲骨回し~

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

IMG_0007

1.左手の指先を左肩に軽く載せる

2.前→上→後ろの順番で、肘で円を描くように回す。

前→上の時に息を吸い、上→後ろの時に息を吐く。

3.右側も同じように、それぞれ10回ずつ行う

 

~ギュードサー法~

IMG_0008

1.鼻で息を吸いながら両肩を真上に引き上げる

この時、両肩に疲れ、凝り、老廃物が乗っかっているイメージをする

2.「ドサーーっ」と言いながら両肩をストーンと落とす。

同時に疲れ、凝り、老廃物が肩からずり落ちていくイメージをすると

より肩が緩みやすくなる。

 

~首のストレッチ~

IMG_0010

1.首を左に傾け、左腕を頭の上に乗せる。

左手が右耳を触るようにする

2.そのまま腕の重みだけで首の右側が伸びていくのを感じる。

※腕で引っ張って伸ばさないこと!

3.反対も同じように行う

 

この3つのストレッチは、

「1日で感動的に声がよくなる!歌も上手くなる!」

https://goo.gl/GlUV1K

に写真付きで載っていますので、そちらもご参考ください。

 

 

日常の作業に取り入れよう!

taisou_boy

Nさんは、肩甲骨はがしをしてから、

自分の肩の状態に意識が向くようになりました。

声が出にくいなと感じた時に、

自分から「ギュードサー法」をやって

肩の力を抜けるようになりました。

 

この3つの方法はとても簡単で、かつお手軽にできるものです。

パソコン作業の合間にでももちろんできます。

日々の生活の中に習慣づけて

声が出やすくなるための環境を整えていきたいものですね。

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です