歌が上手くなるための方法「丹田呼吸法」!?ボイトレに呼吸法を取り入れている理由

 Shared Img Thumb DI IMG 5763 TP V

 

こんにちわ。

アマートムジカのスタッフKです。

今回は、丹田呼吸法という古武道を使った呼吸法についてご紹介します。

呼吸法を行うことでなぜ歌が上手くなるのか?

edbbigcg.

 

アマートムジカはただのボイストレーニングスクールではありません。

「ボイス&メンタルトレーニングスクール」と称しています。

 

なぜでしょうか?

 

それは、

「声と心は深く繋がっているから」

です。

 

緊張すると、声が震えます。

怖いと、声が小さくなります。

自信がないと、声がこもります。

 

声はその時の自分の心の状態を表します。

みなさん、このことは、経験からよくわかるのではないでしょうか?

 

アマートムジカでは、

「声」「心」そして、「身体」が三位一体になってこそ、

自分本来の「声」が出るようになる

という信念の元、レッスンを行っています(詳しくはこちら)。

voice-mental1

10年以上前から、「声」と「心」の関係性に着目し体系化したレッスンを行ってきた、

日本のパイオニアと自負しています。

 

ですので、アマートムジカのボイストレーニングでは、

「心」と「身体」へのアプローチを行うことを通じて、声を改善していきます。

その中でもとても大切な声の改善方法のひとつとしてあげられるのが、

「呼吸」

です。

 

呼吸をコントロールすることにより、「心」を変える

-shared-img-thumb-OY151013249932_TP_V

アマートムジカは、「心」へのアプローチ方法のひとつとして、呼吸法をボイトレに取り入れています。

その呼吸法は、武道においても用いられる

「丹田呼吸法」

と呼ばれるものです(やり方はこちらの動画で紹介しています。ぜひご参照ください)。

 

古武道において、武士などが使用していた呼吸法です。

効果としては、心が落ち着く、活力が出る、自律神経が整うなどなど色々とあります。

呼吸の効果については、こちらの記事もご参照ください。

ボイストレーニング健康法とは?ボイトレすると自律神経が整う!

http://blog.amatomusica.com/archives/471

 

 

声が出ない時というのは、実は心が疲弊したり、長年のトラウマにとらわれたりして、自分の感情を解放できずに、

「感情の奴隷になっている状態」

であることが多いものです。

ここで、アマートムジカのボイトレを受講された方の事例を紹介します。

 

身体と心のウツから生還! Tさん 40代男性の感想より

「仕事の忙しさのあまり、常に頭をフル回転している状態が続き、毎日、緊張と時間との戦いでした。身体も心も疲れ果て、眠りたくても身体が寝てくれない。重度の鬱状態と診断されていました。

アマートムジカのボイトレのレッスンに参加することで、

深い呼吸をするたび、肺に少しづつ呼吸が入っていく量が増えるのがわかり、それと同時に、頭も目もすっきりしました。

また、のびのびと思い切り声を出すことができて、今まで押し込まれて溜まっていた気持ちが一気に排出され、爽快な気分になりました。

これは効果があると自分自身の身体が実感したので、さらに丹田呼吸法と武道式のストレッチを行うことで、凝り固まった筋肉の芯まで緩めることができ、不眠で悩んでいたのが嘘のようにぐっすり眠れるようになりました。」

 ※あくまで個人の感想であり、その効果効能を保証するものではありません。

 

呼吸法を行うと心が安定し、声を出す土台ができる

-shared-img-thumb-MAX88_shinzouwosasageru20141025133814_TP_V

Tさんの感想はいかがでしたでしょうか?

身体の不調が大きく改善した一つの要因として、呼吸法が大きな役割を果たしたのがおわかりいただけるとおもいます。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

呼吸法を行い、深い呼吸をすることにより、

→ 酸素がいつもよりも多く体内に取り入れられる

→ 血流が良くなる

→ 体温が上昇する、身体が中から温まる

→ 身体に活力が戻る

というように身体が反応していきます。

 

さらに、呼吸法を行うメリットとしては、

呼吸に集中することにより、「頭に空白の時間ができる」ため、四六時中「思考に囚われていた状態」から、一時的にでも、解放されるようになります。

これにより、頭がリセットされ、「頭や目がすっきりした!」と思えるようになるのです。

この呼吸法を行うことにより、

心がザワザワした状態を瞬間的に沈めることができ、

ニュートラルな心の状態に戻すことができた結果、

「声が安定し、本来の自分の声の機能を発揮できる!」

と言えます。

 

従って、発声を行う前に丹田呼吸法を行うことにより、

「発声の土台をつくる」ことができるようになります。

これにより、あなたが本来持っている声の機能を最大限に発揮できるようになるのです。

 

歌が上手くなるために、「心」と同様に大切なこと

-shared-img-thumb-ASE_009_TP_V

では呼吸法を行っただけで、歌が劇的に上手くなるのでしょうか?

もちろんこれだけでも大きな効果がありますが、

冒頭に申し上げたように、

「声」「心」「身体」が三位一体になって初めて、素晴らしい声が出るようになります。

ですので、呼吸法に加え、「身体」および「発声法」が大切になってきます。

 

発声法については、過去記事で何度も紹介していますので、以下をご参考ください。

アマートムジカ・オリジナル発声法「びっくりスローモーション」

高い声を出すための3つのボイストレーニング方法とは?

 

これに加えて、身体を整えることがとても大切です。

 

身体は楽器。良い音を出すために、身体をニュートラルな状態に戻す

-shared-img-thumb-MOM151117501481_TP_V

丹田呼吸法には、心をニュートラルにする効果があるのと同時に、身体を緩める効果があります。

「身体を緩める」

これがアマートムジカのボイトレで、とても大切にしていることです。

現代人の多くは、ストレスや同じ姿勢を取り続けることにより、身体が固まっています。

身体が固まってしまっていると、大きく呼吸を吸い込むことができず、酸素が身体に行き渡りません。

また、自律神経が乱れた状態なので、心が定まりません。

このような状態では、正常に声が出ませんし、また、眠れないなどの症状も出てきてしまいます。

ですので、アマートムジカのボイトレでは、身体を緩めます。

緩めるために、「丹田呼吸法」に加え、「武道ストレッチ」を行うのです。

※武道ストレッチについては、その一部を以下の記事で紹介しています。

パソコンとにらめっこしているあなたに送る!「歌が上手くなる」3つの簡単ストレッチ方法

これらを併用することにより、身体を緩め、本来あなたが持っている声を取り戻していくのです。

いかがでしたでしょうか?

呼吸は近年、色々と注目されていますが、声を出す際にもとても大切な要素です。

ぜひ試してみてくださいね。

メルマカバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です