【カラオケで人気者になる「ノレる歌い方」!必要なのは「○○で動く」こと】

643578

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

曲の歌いだしや、転調してキーが変わる箇所を歌うのは、

難しいと感じることが多いですよね。

 

その結果、上手くタイミングが合わずに、

いまいち曲にのめりこむことができない。

 

そんな風に悩んだことはありませんか?

 

今回レッスンに来られたHさんは、

友達に

「何かリズム感が違うよね」

と言われることがあり、また、

ほかの人と曲のノリが合わないために、

一緒に盛り上がるのに苦労していたそうです。

 

今回はこの「ノリ」をつかむコツについてお伝えします。

 

ノリをつかむために必要なのは、

「流れの変化」を感じること

 

これに尽きます。では具体的にはどのようにしていけばよいでしょうか?

 

曲に込められたアーティストの想い

402839

アーティストは、

一つの曲を創り上げる時、

聞く人の心にその曲が響くように、

色々な要素を曲の中に織り込んでいます。

 

その要素を細かく分けていくと、例えば、

 

・歌詞

・音程

・リズム

・強弱

 

といった要素がありますが、

これらを巧みに組み合わせたり、使い分けたりして、

歌をつくっていきます。

 

この歌を作っていく中で大切なことの一つが、

「曲調の変化」です。

 

おそらく、一本調子でずっと同じような内容というのは、

変化に乏しく、つまらないと感じる人が多いでしょう。

 

つまり、変化をつけていく際の方法として、

 

「盛り上がる箇所」と「控えめな箇所」

「タメがある箇所」と「勢いづく箇所」

 

といったように、流れが変化していきますが、

この変化を自分自身で感じられることがいわゆる

「曲にノレる」

ということになります。

 

 

ノリは身体で、身体は水ジャージャーで

529705

では、どうすれば流れを感じられるのか?

 

これは、

頭で考えて判断しようとしてもうまくいきません

考えすぎて、音程や歌詞に気が向かなくなってしまうでしょう。

 

となれば、身体の出番です。

身体の感覚から経験したことは

脳の深い記憶「潜在意識」に入ります。

その記憶は、一度覚えれば抜け落ちることがありません。

 

「潜在記憶」に関してはこちら

↓↓↓

【なぜ、ボイス&メンタルトレーニングなのか? メンタルを変えるには、先ず●●を変えましょう!】

 

つまり、ノリを感じるには、

「丹田」を中心に、曲に合わせて身体を動かすことです。

 

これにより、曲の強弱や、速さの変化を感じることができます。

動かし方は、

上下に円を描く、もしくは横に8の字を描くと、

動かしやすいです。

IMG_0985

「動きがぎこちなくなる」

「動く場所が丹田からずれる」

という方は、身体が緊張し、重心が上がっているのが原因です。

その時は「水ジャージャー」を最初に行っておきましょう。

身体が緩んだ状態で安定し、丹田に重心が定まるので、

動きがスムーズになります。

 

丹田、水ジャージャーについてはこちら

↓↓↓

【あがり症を克服するための方法「水ジャージャー」とは? 話し方を学ぶ前に「丹田」を使いこなす!】

 

冒頭のHさんに最初、好きな歌を歌っていただいたところ、

「1.2.3.4……」とタイミングを取ろうと身構えて

身体が緊張し、身構えているのがわかりました。

 

そこで、まずは歌を聞きながら、

身体でリズムを取る練習をしました。

 

丹田で円を描くイメージで身体を動かし、

合わせて、腕で円を描いて形をイメージしやすくしていきます。

 

盛り上がる所、勢いづくところで、

腕の動きも勢いをつけると、

ぎこちなかった身体が滑らかに動くようになり、

バッチリタイミングが合うようになりました。

 

身体の感覚を忘れないよう、

水ジャージャーのイメージングの復習もして、

Hさんは、晴れ晴れとした顔をされていました。

 

こうなったらしめたものです。

あとは更に曲を聞き込んでいって、曲と自分を合わせていきましょう。

そうすれば自然とリズムが合って、

ノッテきます。そうすればカラオケでもみんなの人気者になれること、

間違いないでしょう。

 

是非、水ジャージャーや丹田を意識した歌い方を試してみてくださいね!

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です