【ファルセットとはどんな声? 発声のコツをつかんで豊かな表現力を手に入れよう】

E7ca7497b9b58c2d81ca45f57b162e9c S

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

これまで、チェストボイス、ヘッドボイス、ミックスボイスに関して、

声の特徴、出し方をお伝えしてきました。

 

この3種の発声のうち、

ヘッドボイスと比較されて出てくる発声法に

「ファルセット」があります。

 

両方とも、裏声と呼ばれることもあり、

主に高音域で使われている発声法です。

今回はこのファルセットの特徴についてお話していきます。

 

 

ファルセットとヘッドボイスの違い

27113214d00fb2174e21736c6252ab6c_s

ヘッドボイスとファルセットの大きな違いは

ファルセットが「息漏れをしている声」であるということです。

 

声は、声帯に吐く息が当たって、振動することで音になります。

ヘッドボイスでは、左右の声帯が触れ合っていて、そこに息が通ろうとします。

すると声帯が大きく振動し音量のある声が出ます。

 

ファルセットでは、左右の声帯は閉じきれておらず、隙間が開いています。

そのため、声帯に当たる息の圧力は少なくなり、

音量は他の発声と比べて弱く、漏れた息の音が混じるのです。

 

では、実際どのような音なのか?

こちらの音源を聞いて確認してみてください。

↓↓↓

 

ヘッドボイスの音源と比べると、

息の音が混ざっているのがわかるかと思います。

 

ファルセットは性質上音量を上げることは難しいです。

しかし、声に息が混ざっていることで、

繊細さ、情感の豊かさを表現するのに適しているという面もあります。

 

こちらの動画の1分6秒あたりをお聞きください。

歌の出だしにファルセットが使われています。

最初からミックスボイスの実音で出すのではく、

息混じりの声を使うことで、

繊細で優しい雰囲気のアメージンググレイスに仕上がっています。

 

 

ファルセットのコツ=○○のコツ?

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_s

では、ファルセットの声をきれいに出すにはどうすればいいでしょうか?

実は、アマートムジカの発声法の中に、

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

先に挙げたファルセットの特徴と非常に似通ったものがあります。

 

それは何かと言うと、

「びっくりスローモーション」での発声なんです。

 

びっくりスローモーションでは、のどが開いた状態を定着させるために、

声に息を混ぜて、のどに息が通る感覚を感じながら行います。

この時の息混じりの声は、ファルセットの声質と共通しているのです。

 

あとは、以下の2点を合わせることで、

ファルセットの声質に近づけることができます。

 

1.口の形を丸く

口の形はファルセットの声質に大きな影響を与えます。

口が横に開いている状態だと、

息が横に漏れて声のまとまりがなくなります。

すると音量がなくなったり、

音量をカバーするためにのどに力を入れてしまうことに繋がります。

 

母音の発音を参考に、口の形を丸くして声を出していきましょう。

 

※母音の発音についてはこちら

↓↓↓

【初公開! カラオケでうまく歌うためのもう一つの「コツ」とは? 「母音の発音」をマスターすれば、うまさ2倍増し!】

http://blog.amatomusica.com/archives/686

 

 

2.上の前歯に声を当てる

これは、いわば「歯に穴」の応用です。

 

※歯に穴についてはこちら

↓↓↓

【「呼んでも気づいてもらえない」「声が通らない」を解消!!技術不要のボイトレ、その名は「歯に穴」】

http://blog.amatomusica.com/archives/760

 

歯に穴は、前歯の間の穴から声が出るイメージをすることで、

芯がある声質に変えることができます。

 

ファルセットの息混じりの声を、柔らかくきれいに聞かせたい場合は、

前歯全体に声が当たって、

その声が上に弧を描いて飛んでいくイメージをしていきましょう。

ただし、1番の丸い口の形ができていないと、

口の中で声が響かず、固い声質になるので注意してください。

 

 

このように発声法を応用することで、

ファルセットでの歌に、より深い表現力や情感を加えることができます。

ぜひ、色々な曲で試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です