【カラオケの輪に入りたい人へ 音程を取るためのコツから始めよう】

487906

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

歌コーストレーナーのキャサリンです。

 

ボイストレーニング来られる生徒さんは、

何も、「歌うのが楽しい!」「もっとうまくなりたい!」

という人ばかりではありません。

 

「音痴なのでまともに歌ったことがない」

「音程が合っているのかどうかも分からない」という、

方もたくさんいらっしゃいます。

 

最近のカラオケは、交流の場として使われることも多くなりました。

合コンだったり、会社の同僚と交流するきっかけになったり、

「歌うのが苦手だからパス」というわけにはいかなくなっているのですね。

みんなで盛り上がっている中、輪の中に入れないのは淋しいですし、

毎回マイクを差し出されて断るのは気まずいかと思います。

 

今回はそういった方向けに

「音程の取り方のコツ」についてお伝えします。

カラオケを始めるための第一歩として、やってみてください。

 

 

まずは声を出す下準備から

585763

音程練習をする前に、やっておくべき大事なことが1つあります。

それは「のどを開けた呼吸」ができていること。

つまり、「びっくりスローモーション」が正しくできていることです。

 

のどを開けた呼吸は、声を出す上での大前提であり、基盤です。

のどが閉じた状態で無理に声を出そうとしても声帯の負担が強まるだけです。

音程が安定せず、のどを傷める癖も付いてしまいます。

こちらのページを参考に、正しい呼吸の流れを定着させていきましょう。

 

また、この時に姿勢の癖が出ていないかをチェックしておきましょう。

以下の3つの癖が出ていると、声が出しづらくなります。

鏡を見ながら修正していきましょう。

 

1.舌が緊張していないか

舌が奥に引っ込んでいたり、中心が窪んでいる時は、舌が緊張しています。

舌の緊張は、のどや声帯に伝わって、のどを傷める原因になります。

練習の段階では、舌を外に垂らして緊張をとりながら行ってみましょう。

 

※舌の緊張に関してはこちらをご参考ください。

 

2.下あごが上がっていないか

歌う時に下あごが上がっていると、それだけで首筋が張った状態になります。

これも声帯を緊張させて、声が安定しなくなる原因になります。

口を開ける時は、下あごを下に引き下げるようなイメージで開けてください。

 

※あごの位置と声の関係についてはこちらもご参考ください

 

3.息を吸う時に肩が上がっていないか

息を吸う時に肩が上がる人は、吸う量が多すぎです。

息を吸い過ぎると、吐く動作へ滑らかに切り替えられず、

出だしが強すぎたり、声がひっくり返る原因になります。

肩が上がらない程度のスピードと量で息を吸っていきましょう。

 

このように、声を出す準備ができたら、次のステップに進みます。

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

 

 

音程を身体に馴染ませよう

299358

びっくりスローモーションの呼吸が定着した状態で、

次は音源に合わせて声を出していきます。

最近はスマホやiPadで、ピアノ音源を再現できるアプリがあるので、

使いながら練習してみてください。

 

1.「ドレミファソラシド」を口にだす

最初は、ピアノの音を聞きながら、それに合わせて声を出していきます。

ドの音から始めて、1音ずつ音程を上げていきましょう。

 

この時のポイントは、

「あー」と声を出すのではなく、

「ドー」「レー」というように、鍵盤で叩いている音階を言葉にすることです。

言葉に出しながら「この音がドなんだな」と身体に刷り込んでいきましょう。

 

2.鍵盤を見ないで音を当てる

次は音程を覚えられているかをチェックします。

鍵盤を見ないでピアノの音を出して、

「ソー」「シー」という風に、ピアノと同じと思う音階を言葉にします。

 

声を出した後に鍵盤を見て、

予想通りか、高い音だったか、低い音だったかを答え合わせしていきます。

音程が合っていないと感じたら、また1番に戻って練習しましょう。

これを繰り返して、自分の声と音のイメージを一致させていきます。

 

3.半音ずつ音階を上げていく

自分の音程を認識できるようになったら、

半音ずつ音階を上げていって、声が安定するように練習していきましょう。

「ドー、レー」「ドー、レの♯」「ドー、ミー」「ドー、ファー」という風に

ドの音を基準にして、高低差を少しずつ広げていってください。

 

 

このように、自分の声や音程に対して、イメージや認識を深めていきます。

「音痴だから」「歌なんて今まで全然やらなかったから」と敬遠せずに

「あ、音程が取れてる!」の経験を少しずつ積み重ねていきましょう。

みんなで楽しくカラオケで盛り上がれるように、頑張ってみてくださいね♪

 

お知らせ

●当スクール代表がTV出演、雑誌掲載されます。

当スクールのボイトレメソッド創作者 歌手 堀澤麻衣子がテレビ東京「THE カラオケ★バトル(放送:2018年5月9日(水)」に出演しました。当日の様子や舞台裏を公開していますので、よければぜひご覧ください。

2018/5/9「THE カラオケ★バトル」出演の裏舞台
http://blog.amatomusica.com/20180509-tkb

 

また、2018年4月24日(火)発売の週間女性「人生ドキュメント」にも掲載されております。よければぜひ書店・コンビニなどでお買い求めください。

●週間女性 GW5月8・16日号

「人生ドキュメント」堀澤麻衣子 6ページ
特別インタビュー掲載

こちらで購入できます
https://goo.gl/xU5hgU

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です