【職場でのコミュニケーションが苦手な人へ送る、騒がしい飲み会でも会話が弾む2つのポイント】

982385

こんにちは。堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

歌コーストレーナーのキャサリンです。

 

コミュニケーションが苦手な人にとっては、

会話をする場やきっかけを作ることも一苦労かと思います。

話題を考えてせっかく話を切り出しても、聞いている人の反応がいまいちだと、

「自分コミュ障なのかな……」と落ち込んでしまったり、

仕事場で気さくに話ができる同僚の姿を、うらやましいなと感じたりするでしょう。

 

そんな方たちにとって、

仕事の打ち上げや歓迎会などの飲み会はと何とも辛い時間です。

自分は何も話せず、周りだけが盛り上がっていき、

余計に孤独感を感じてしまいます。

 

しかし、そんな辛い時間も、声の出し方を変えることによって、

真逆の楽しい時間に変えることができます。

 

今回は、苦手な飲み会でのコミュニケーションを

改善するための発声法をお伝えします。

 

 

会話が弾まないのは「声が聞こえない」から

1368820

本来飲み会は、仕事場でなかなか話せない人と、

新たなコミュニケーションをとる絶好の機会です。

 

仕事場では気を張っている人たちも、

美味しい食事やお酒を口にすることで気持ちが緩んでいます。

また、普段はなかなか時間が合わない人でも場に揃うので、

初対面の人とも話をするきっかけを作れます。

 

ではなぜ、会話が続かず気まずい思いをしてしまうのでしょうか?

「自分は話が下手だから……」と落ち込む必要はありません。

原因は話す内容よりも、声そのものにあります。

 

それは、声が小さくて通らないからなのです。

 

レッスンにいらっしゃる生徒さんも、

「コミュニケーション能力がない」とお悩みの方は、

声量が小さいことが多いです。

 

せっかく楽しい話題を事前に考えていても、

自分の声が小さいと、何度も何度も聞き返されてしまいます。

やがて、話ができない自分にマイナスのイメージを抱えてしまったり、

話すこと自体に疲れて、会話を諦めてしまいます。

 

しかし、話している相手は何度もあなたの話を聞き返してくれています。

それはつまり、あなたの話に興味をもってくれているということです。

声が小さいからと言って、諦めてしまうのはあまりにももったいないと思いませんか?

 

そこでレッスンでお伝えしている、

通る声になるためのポイントをお伝えいたします。

 

 

騒がしい飲み会でも会話が弾む2つのポイント

225348

1.びっくりスローモーション

まず大事なのが、「正しい呼吸の流れ」を身に着けることです。

「びっくりスローモーション」を使って

のどを開いて声が楽に通るようにしていきます。

この時のポイントは2つ。

「息の流れを止めない」

「息を吸い過ぎない」ということです。

 

話題を切り出すタイミングを測ろうとして、

身構えて息の流れが止まってしまうことがあります。

息の流れが止まると、のどが閉まって、

声の出だしが詰まったり、音が割れて聴き取りづらい声になります。

 

声を出す間際に、軽めに吸ってすぐ吐くようにすると、

スムーズな息の流れでのどを開けることができます。

 

また、声を大きく出そうとして、息を吸い過ぎてしまうと、

首や肩に力が入って息の流れが止まってしまったり、

声帯にかかる息の圧力が強すぎて、声がひっくり返る原因になります。

 

びっくりスローモーションでのどが開けば、自然と口の中で声が響くので、

アマートムジカ ボイス&メンタルトレーニングスクール 東京・大阪・横浜・名古屋

無理に息を吸おうとしなくても十分通る声になります。

 

2.歯に穴

びっくりスローモーションでのどが開いたら、

次は「歯に穴」のイメージを加えていきましょう。

声の響きがまとまり、騒がしい場所でも通る、聞きやすい声になります。

ポイントは、「声が相手の頭上を飛び越えて飛んでいく」というイメージをすることです。

頭上を飛び越えるイメージをすると、声が鼻腔や口の中できれいに響くようになります。

聞いている人も、心地よさを感じる声質になっていきます。

 

相手の胸元や顔めがけて声を飛ばすイメージをすると、

声がこもって内容が伝わりづらく、

また、聞いていて暗い印象を与えてしまいます。

 

声で話し相手を包み込んであげるように、

弧を描いて飛ばしてみてください。

 

 

声が変わるとコミュニケーションも変わる

184449

レッスンで「コミュニケーション能力がない」とお悩みの方は、

最初は自分の性格のせいだと思っていらっしゃる方が多いです。

しかし、ボイストレーニングを受けた後の自分の声を聴くと、

「自分はこんな風に話せるんだ!」と自信を取り戻し、

それまでと、話し方も雰囲気も一変するようになります。

 

今まで飲み会が苦手だった方も、

ぜひ今回の発声法を参考にしてみてください。

通る声で会話を楽しんで、

飲み会が楽しみになっていただければ幸いです。

お知らせ

●当スクール代表がTV出演、雑誌掲載されます。

当スクールのボイトレメソッド創作者 歌手 堀澤麻衣子がテレビ東京「THE カラオケ★バトル(放送:2018年5月9日(水)」に出演しました。当日の様子や舞台裏を公開していますので、よければぜひご覧ください。

2018/5/9「THE カラオケ★バトル」出演の裏舞台
http://blog.amatomusica.com/20180509-tkb

 

また、2018年4月24日(火)発売の週間女性「人生ドキュメント」にも掲載されております。よければぜひ書店・コンビニなどでお買い求めください。

●週間女性 GW5月8・16日号

「人生ドキュメント」堀澤麻衣子 6ページ
特別インタビュー掲載

こちらで購入できます
https://goo.gl/xU5hgU

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です