【ボイストレーニングでの大前提「口の開け方」! 3つのチェックポイントで自分の癖を見つけよう】

歌う女性

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

<歌コース>トレーナーのキャサリンです。

 

前回、ボイストレーニングをする上での大前提である、

「口をたてに開ける」についてお伝えしました。

↓↓↓

 

 

ほぼ100%の人があてはまるこの癖ですが、

皆さんが鏡を見た結果はいかがでしたか?

口の開き方を毎回チェックすることで、

呼吸のしやすさ、声の出しやすさが劇的に変わります。

 

 

「口が上手く開かない」そんなあなたへのアドバイス

-shared-img-thumb-N112_sonnabakana_TP_V

では、ここで一つ質問です。

「上手く口が開けられない」

「口を開けてみたけど、何だか声が出しづらい」

という方はいらっしゃいましたか?

 

うまくいかなかった場合、そこには、

「口を開けた時の癖」が表れています。

その癖を解消することで、口が楽に開いて、

声を出しやすくすることができます。

 

今回は「口をたてに開ける」時に重要な

3つのチェックポイントをお伝えします。

 

 

正しく口を開けるために。3つのポイントをチェック!

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_l

それでは、鏡の前で口を開けてみてください。

口の大きさは指2本が縦に入るくらいです。

その時に、次の3つの癖が出ていないかチェックしてみましょう。

 

1.上顎が上がっている

口を縦に広げようとして、下顎を下げるのではなく、

首を反らして上顎を上げるパターンです。

(顎の位置についての詳細はこちら)

↓↓↓

【高いキーの歌がうまく歌える方法とは?「●●」の位置を変えるだけで楽々声が出るようになる!?】

 

 

首を反らすと、のどの器官が狭くなり、息が吸い辛くなります。

また、声帯付近に筋肉が常に緊張した状態になり、

のどを傷める原因になります。

口を開ける時は、

首はまっすぐの状態で、下顎を下げるようにしましょう。

 

 

2.舌が緊張している

口を開けた時に、舌の先が浮き上がっていたり、奥に引っ込んでいるパターンです。

舌の緊張は、声帯も強く緊張させ、声を出す時の負担になります。

(舌の緊張の詳細はこちら)

↓↓↓

【喉(のど)が痛い!を解消する方法とは?鍵は「声帯と舌の関係」!】

 

 

舌を緊張させないためには、

口を開けた時の舌の位置が重要になります。

 

「舌の前歯の裏側に、舌先が軽くついている状態」が

舌に緊張が入らない位置です。

発声をする際には、口の大きさと一緒に、

舌の状態もチェックしておきましょう。

 

3.顎の緊張

口を動かす時に、顎ががくがくしたり、

首筋の筋肉が張っているパターンです。

顎周辺の筋肉が緊張し、口を開けること自体が難しくなっています。

 

日本語はあまり口を動かさなくてもある程度発音できるため、

普段から口を開けない癖がついている方が多いです。

そのため、顎が動かし辛い方もたくさんいらっしゃいます。

 

「顎のもみほぐし体操」を行って、

緊張した顎の筋肉をほぐしていきましょう。

(顎のもみほぐし体操についてはこちら)

↓↓↓

【声がかすれる人にも有効!声帯の負担を取り除く1日「40秒」でできる2つの方法!】

 

 

 

歌い方を見直すことが上達の第一歩

529705

口を開けること一つに関しても、

これだけの身体の癖のパターンが現れます。

皆さんはどれに当てはまったでしょうか?

もしかしたら、全部当てはまった場合もあるかもしれません。

でも、

「自分の癖がこんなにあったなんて」

と落ち込む必要は全くありません。

 

ただ声を出すだけでなく、

「自分の癖をチェックして直す」

それはボイストレーニングの重要な過程です。

癖の内容とその理由がわかれば、

歌い辛いな、と感じた時に対処することができます。

「このチェックが進歩に繋がる」と思って、

毎回鏡を見ながら歌ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です