【緊張して声が震える原因とその解消法とは? フォーカスを変え緊張とおさらばしよう!】

Karaoke Kids

こんにちは。アマートムジカ専任講師のキャサリンです。

 

声を出す上で最終的に大事なのは、

「心との向き合い方」です。

 

「音程外さないようにしなきゃ」

「ちゃんと大きな声出さなくちゃ」

 

そう考えるほど、心は緊張し、身体も緊張し、

本来の声が出せなくなります。

 

自分の心を如何に幸せな状態にするか。

心との向き合い方の重要性は

今まで何度も記事にしてきました。

 

メンタル面が原因で

生徒さんが本来の声を出せない時、

講師は生徒さんそれぞれに合ったアドバイスをします。

同じお悩みでもアドバイスの内容は様々です。

 

生徒さんの心の状態、物事との向き合い方は

全く違っているからです。

 

今回の生徒さんへのアドバイスのポイントは

 

「いかに“緊張”を意識させないか」

 

でした。

 

どうしても意識してしまう「緊張」

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

今回の生徒さんKさんのお悩みは、

  • 高い声が出ないこと
  • 声が裏返ること

でした。

 

呼吸の方法を変え、発声練習をしようとしたところ、

表情が硬くなり、

音程がうわずって、声が震えていきます。

 

このような声が震えるタイプの方は、

メンタル面での原因が大きい場合が多いです。

 

緊張しているのが見て取れたので、

 

「いい声を出そうとしなくて大丈夫ですよー」

「てきとーにやることを許可してみましょう」

 

とアドバイスをしました。

 

が、なかなか表情が和らぎません。

 

「緊張するとなかなか抜け出せない」

「落ち着かなきゃいけないとわかっているけれど

うまくいかない」

 

とKさんはおっしゃっていました。

 

「自分にOKを出そう」

「てきとーを許可しよう」

 

Kさんの中では、そのようにイメージすることが

 

「OKを出さ“なきゃいけない”

「許可し“なくちゃいけない”

 

というように、自分に対する“義務”“縛り”となり、

結果として、

「緊張」を感じる原因になっていたようです。

 

 

イメージを切り替えて緊張からおさらば!

byebye_boy

そこで

 

「“緊張”という言葉とは全く関係ないアドバイス」

 

をお伝えしました。

 

まず

「呼吸の方法は完全に講師のまねをする」

ことを伝え、

生徒さん自身があれこれ考えられないようにしました。

 

加えて、

「お水が流れるイメージを具体的に考える」

と、水のイメージに没頭してもらい、

 

「しなければいけない」

 

という「緊張」に直結するイメージとは

関係ない方法にフォーカスしていただきました。

 

※水ジャージャーのイメージ方法についてはこちら

↓↓↓

【あがり症・緊張にさよならするために。「水ジャージャー」のイメージをさらに深めよう】

 

すると、まずKさんの表情が和らいでいきました。

声を出すうちに、笑顔になっていって

音程が合い、震えていた声も安定していきました。

 

メンタルが和らいだ後は、

「いい声出てる~♪」と

自分に言葉をかけながら歌っていただきました。

 

更にプラスのイメージに没頭できるようになり、

今まで出なかった高いキーまで歌えるようになりました。

 

「緊張するな」が「緊張」を生んでしまったあなたへ

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_s

「リラックスが大事」

「平常心が不可欠」

 

それをわかっているからこそ、

 

「緊張しないようにしないと」

 

と自分を追いつめてしまう。

 

という苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。

そんな場合には、今回のように

イメージの方法を全く切り替えてみると

いいかと思います。

 

「緊張しないようにね!」

 

と言われると、「緊張」という言葉にフォーカスしている状態になります。

結果、緊張してしまいます。

 

「緊張」という言葉に意識が向いてしまっているからです。

 

ですので、

 

「緊張」という言葉を使わずに、

身体を緩める方へと意識を向かせて、

その結果、緊張がほぐれていくようにすればよいのです。

 

「意識を自分ではなく外側へ向ける」

「気持ちいいイメージを追求して没頭する」

 

日常の中でそんなイメージトレーニングを続けていけば

歌う時も「~しなくちゃ」に

振り回されることがなくなっていくでしょう。

 

後はそんな自分を「素晴らしい」と褒めながら

気持ちを込めてノリノリで歌っていってくださいね。

 

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です