【長年練習していても歌が上達しない人によくある傾向とは?】

402781

こんにちは。

堀澤麻衣子ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ

歌コーストレーナーのキャサリンです。

 

 

コーラスやライブ活動などで長年歌に携わってきた方でも、

声のお悩みに無縁というわけではありません。

 

「以前のような調子が出ない」

「何度練習してもうまくいかない」

というように、時間をかけているからこそ、

歌が上達しないことに対して思い詰めてしまう方も多いです。

 

今回は、そんな歌歴が長い方が

レッスンを受講された時に掴んだポイントをお伝えいたします。

そのポイントは「そんなに頑張らなくても声は出る♪」ということです。

 

 

練習してもうまく歌えなかった意外な理由

question_head_boy

今回レッスンを受講されたAさんは、

歌うことがとても好きで、合唱を20年も続けている方でした。

演奏会のオーディションを間近に控えて、練習を重ねていたのですが、

「高音が出ない、声量が小さい、息が続かない」

というお悩みを解決できず、行き詰っていたそうです。

 

Aさんの声の出し方をチェックして、気づいたことは以下の2点でした。

1.声を出す時に下が奥に引っ込んでいる

2.声を出す時に力が入りすぎている

 

実は、2番目の「声を出す時に力を入れすぎている癖」。

これは長年歌を歌い続けている方によくみられる傾向なのです。

しかし、歌っている本人は力んでいるつもりは全くありません。

 

長年の練習で、インナーマッスルが鍛えられている人は、

普通に歌っているつもりでも、普通の人の倍くらいの力で息を吐いています。

一見音量が安定しているように感じますが、

声帯の負担が強く、音が割れたように聞こえてしまうことがあります。

そのまま歌い続けていくと、声帯を傷める原因にもなってしまいます。

 

 

「これくらいでいいんだ!?」と気づく

500342

長年歌を練習している人によくお伝えしているアドバイスが、

「50%60%くらいの力加減でOK」です。

負担がない状態で声帯を使えるようになり、声質が硬さの取れたクリアなものになります。

身体の緊張がないため声が響きやすく、音量や長さも変わりません。

 

Aさんの場合は

「中音域までが50%、1オクターブ上のドからは30%くらいの力でOK」

とお伝えしました。

1オクターブ上のドからチェンジボイスが起こる傾向にあったので、

息の吐き方を繰り返し練習して、のどが開く感覚を掴んでいきました。

 

「でも、力を入れないと声が響かない」という方は、

声を出す時の姿勢を確認してみてください。

呼吸をする時に身体が反りかえっていたり、肩が持ち上がる場合は、

息を吸い過ぎてのどに力が入っています。

あごが上がっている姿勢は、それだけでのどや首が張っていきます。

 

※姿勢のチェックはこちらをご参考ください

こうした身体の緊張の癖をカバーするために、

腹筋で息量を増やして音量を上げている可能性があります。

 

Aさんの場合は、舌に緊張の癖が見られました。

舌が奥に引っ込んでいるため、声帯が緊張して高音域が出しづらくなっていました。

また、舌が息の流れを妨げて、声がこもり、音量が小さいと感じる原因になっていました。

 

この2つの癖を修正したうえで、Aさんにご自身の声を聞いていただいたところ、

「最初締め付けているような声だったのに、今は全然楽に響いてる」

「全然力入れてなかったのに音量出てますね」

と驚いていらっしゃいました。

今まで自分の声は小さいと思っていたそうですが、声を出す時の癖を知ることで、

「ちゃんと響く声が出せるんだ」と気づくことができたそうです。

 

 

頑張ってきた自分に「余裕♪」の言葉をプレゼント

225348

歌歴が長い人は、練習の成果がちゃんと声に表れています。

レッスンを受講される前から、安定した音量と長さで出せる身体をすでにお持ちでなのす。

なので一度、その身体に

「ちょっと手を抜くくらいでも余裕で歌えちゃうよ♪」と、

声かけを試してみてはいかがでしょうか。

今までの身体の感覚、呼吸の流れと比較してみてくださいね。

 

お知らせ

●当スクール代表がTV出演、雑誌掲載されます。

当スクールのボイトレメソッド創作者 歌手 堀澤麻衣子がテレビ東京「THE カラオケ★バトル(放送:2018年5月9日(水)」に出演しました。当日の様子や舞台裏を公開していますので、よければぜひご覧ください。

2018/5/9「THE カラオケ★バトル」出演の裏舞台
http://blog.amatomusica.com/20180509-tkb

 

また、2018年4月24日(火)発売の週間女性「人生ドキュメント」にも掲載されております。よければぜひ書店・コンビニなどでお買い求めください。

●週間女性 GW5月8・16日号

「人生ドキュメント」堀澤麻衣子 6ページ
特別インタビュー掲載

こちらで購入できます
https://goo.gl/xU5hgU

 

メルマカバナー

キャサリン

岡野麻紗子(愛称:キャサリン) 子供の頃から歌が大好きで、歌うことの楽しさを伝えたいとボイストレーナーを目指す。しかし、いざ舞台に立ってみると、思ったように声が出せず悩んでいた。そんな時、堀澤式発声法に出会い、無理なく楽しく歌えることの素晴らしさを体感する。4年前からコーラスグループで活動し、毎年開催されるライブやイベントで、メインボーカルやバックコーラスを務める。2014年には、ブルーノート名古屋、JZBrat東京で堀澤麻衣子のバックコーラスを経験するなど活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です